• 外観完成予想図
    外観完成予想図
  • 外観完成予想図
    外観完成予想図
  • エントランス完成予想図
    エントランス完成予想図
  • 眺望写真
    眺望写真
  • 3路線利用可能
    JR京浜東北線
    「大井町」駅徒歩5分
  • 天井高約2.6m
    角住戸率約69%
  • 内廊下設計採用
    免震タワーレジデンス

新築マンション

クレヴィアタワー大井町 THE RESIDENCE
  • シェアする
    • facebook
    • twitter
    • Google+
伊藤忠都市開発株式会社 
東京都品川区大井1丁目3619番1
JR京浜東北・根岸線「大井町」駅 徒歩5分
間取り:
1R・1LDK・2LDK・3LDK
   専有面積:
21.41㎡~75.02㎡
価格: 価格未定(予定)

■3路線利用可能、JR京浜東北線「大井町」駅徒歩5分(※1)。東京、新宿、横浜へ10分台のダイレクトアクセス(※2)。
■天井高約2.6m、角住戸率約69%(※3)。内廊下設計を採用した免震タワーレジデンス。
■「駅前中央通り」に暮らす利便性。アトレ大井町(約400m/徒歩5分)、イトーヨーカドー大井町店(約330m/徒歩5分)。

  • 3路線利用可能
  • 南西角地
  • 天井高約2.6m
  • 角住戸率約69%(※3)
  • 内廊下設計
  • 免震タワーレジデンス
  • 駅前中央通り
  • アトレ大井町(約400m/徒歩5分)
  • イトーヨーカドー大井町店(約330m/徒歩5分)
※1:JR京浜東北線「大井町」駅(中央口)より約400m・徒歩5分、りんかい線「大井町」駅(A2出口)より約420m・徒歩6分・東急大井町線「大井町」駅(改札口)より約480m・徒歩6分。表示距離は現地からの地図上の概算で、徒歩分数は80mを1分として算出し、端数は切り上げております。
※2:「東京」駅へ直通12分(15分)(JR京浜東北線快速利用(JR京浜東北線利用))、「新宿」駅へ直通15分(14分)(りんかい線快速利用(りんかい線利用)JR埼京線乗入)、「横浜」駅へ17分(17分)(JR京浜東北線快速利用、「川崎」駅よりJR東海道本線利用(JR京浜東北線利用、「川崎」駅よりJR東海道本線利用))。※掲載の所要時間は日中平常時、( )内は通勤時のものです。時間帯により多少所要時間は異なります。乗り換え、待ち時間等は含まれておりません。
※3:販売戸数104戸中72戸
※掲載の完成予想CGは、現地17階相当より南西方面を撮影(2017年10月)した眺望写真に計画段階の図面を基に描き起こした完成予想CGを合成し、CG処理を加えたものであり、実際とは異なります。また、各住戸からご覧頂ける眺望とは異なります。眺望は将来的に保証されるものではありません。
※エントランス完成予想CG・敷地配置イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色彩等は実際とは異なります。敷地配置イラストは歩道等、敷地外も描いております。外観形状の細部・設備機器等及び敷地配置イラストの外構・歩道・街路樹等の詳細は表現しておりません。今後、施工上の理由及び改良のため、変更になる場合があります。尚、植栽は、実際に植樹する植栽と樹形、枝ぶり、葉や色合いが異なる場合があります。また特定の季節の状況、竣工時の成長度合いを示すものではありません。
※眺望写真は、現地17階相当より、南西から北西方面を撮影(2017年10月)した写真に一部CG加工したもので実際とは多少異なります。各住戸からご覧頂ける眺望とは異なります。眺望等は将来的に保証されるものではありません。
2018年6月下旬販売開始予定。ただいま資料請求受付中!
  • 公開
  • 資料配布
  • モデルルーム
  • 販売開始
  • 竣工
  • 完売
  • 2018年3月7日
  • 受付中
  • 未定
  • 2018年6月下旬(予定)
  • 2020年6月末(予定)
コンセプト
そのタワーには、邸宅と呼ぶべき思想がある。
そのタワーには、邸宅と呼ぶべき思想がある。
JR「大井町」駅から駅前中央通りを歩いて5分の地。
それは、大井町の進化を体感し、都心を謳歌するポジションです。
その利便性豊かな暮らしを愉しみながら、都心の空を見渡す「クレヴィアタワー大井町 THE RESIDENCE」・
ここには、快適であることに妥協しない邸宅の思想があります。
免震タワーレジデンスの安らぎと普遍の意匠美。採光性や開放感の高い居住性を求めた住空間。
それらをひとつひとつ積み重ねて、いま、心地よさの高みへ。
外観完成予想図
そのタワーには永き暮らしを支える思想がある。
通風採光に優れた角住戸や、広い間口をもつゆったりとしたプランなど、一邸一邸、豊かな居住性をもつ空間を積み重ねたタワーレジデンス。
邸宅の心地よさの本質を求める思想をここに。
タワーレジデンスに、心地良い光を誘うプランニング。
タワーレジデンスに、心地良い光を誘うプランニング。
日々の心地よさを決めるのは、通風採光性の良さと開放感。さらに、整って使いやすい空間のフォルム。
「クレヴィアタワー大井町 THE RESIDENCE」は、タワーの形状に間取りを当てはめるのではなく、一邸一邸に居住性の高さを追求しました。
角住戸や間口の広いプランによる、光と風に満たされたタワーレジデンスが誕生します。

■「角住戸中心※1」の明るく開放感のあるプランニング。
光と風を取り込み、プライバシー性や開放感も高める「角住戸」が全体の半数以上を占めています。

■窓面を大きく、空間にゆとりを感じさせる広い間口。
間口が広く、窓面の大きなプランにより、通風採光性が高まるだけでなく、空間が効率的に使え、ゆとりが生まれます。

■空間がより大きく、開放感に感じられる全居室「約2.6mの天井高」。
リビング・ダイニングの他、洋室にも約2.6mの天井高を設けました。天井が高い分、空間がより開放的に感じられます。

■落ち着いた雰囲気や上質感を高める「内廊下」。
各住戸へ向かうアプローチはホテルのような内廊下設計にすることで、落ち着きやプライバシー性に配慮しました。
10階~21階平面予想イラスト
※1.販売戸数104戸中72戸
光と風と開放感を味わう住まいの形。
光と風と開放感を味わう住まいの形。
※眺望写真は、現地17階相当より、南西から北西方面を撮影(2017年10月)した写真に一部CG加工したもので実際とは多少異なります。各住戸からご覧頂ける眺望とは異なります。眺望等は将来的に保証されるものではありません。
最大約2.6m※2の高い天井と大きな開口部が、いっそう広々と開放感あふれる暮らしを演出。
全住戸のリビング・ダイニングと洋室は最大約2.6mまで天井を高くして、空間に立体的な広がりを演出。開口部が大きく伸びやかな角住戸、または広い間口をもつ間取りと併せ、暮らしのシーンにいっそうの開放感をもたらします。
最大約2.6m※2の高い天井と大きな開口部が、いっそう広々と開放感あふれる暮らしを演出。
天井高概念図
※2.居室内の下り天井等は除く
※天井高概念図は仕様をわかりやすく表現したもので、実際とは異なります。
※掲載の完成予想CGは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色彩等は実際とは異なります。外観形状の細部・設備機器等の詳細・周囲の建物・電柱・電線等は表現しておりません。今後、施工上の理由及び改良のため、変更になる場合があります。
※掲載の10階〜21階の平面イラスト、天井高概念図、間取り図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なる場合があります。今後、施工上の理由及び改良のため、変更になる場合があります。
デザイン
風景に品格を刻む、タワーレジデンス。
高さや規模を誇るだけではない、街の中で歴史を刻むに相応しい邸宅としての“美と格調の高さ”という思想をここに。
風景に品格を刻む、タワーレジデンス。
外観完成予想図
緑と柔らかな光に迎えられる迎賓空間。
「クレヴィアタワー大井町 THE RESIDENCE」に訪れた人を迎えるのは、街並の中でひときわ濃い緑の風景。そして、木立の奥に垣間見える重厚でありながらこころ安らぐ温かな迎賓空間。エントランスは私邸のやすらぎを守るように、通りとの間に距離を置き、木立の間を抜ける前庭のようなアプローチの奥に設けました。夜の帰宅時には、植栽越しに見えるラウンジのライトアップされた風景が、温かく優雅な趣で迎えます。
緑と柔らかな光に迎えられる迎賓空間。
エントランス完成予想図
南西の角地に建つ、ランドマークを目指した景観づくり。
「駅前中央通り」は大井町駅周辺まちづくり構想の中で、沿道緑化の計画を進める大井町駅前へのメインストリート。その起点にあるこの住まいは、足元を緑でつつみ、潤い豊かなランドマークを目指した景観をつくります。

[1]植栽豊かな前庭
街の風景の要となる位置に、緑の潤い豊かな風景をつくり、住まいを訪れた人をもてなす前庭を設けました。

[2]エントランスアプローチ
通りからエントランスまでの間には、奥の深いアプローチを設け、私邸のやすらぎを高めます。

[3]エントランスホール
光の列柱のようなデザインウォールが特徴的なエントランスホールには、ソファーやテーブルを配置し、寛ぎのラウンジ空間を演出します。
南西の角地に建つ、ランドマークを目指した景観づくり。
敷地配置イラスト
※掲載の完成予想CGは、現地17階相当より南西方面を撮影(2017年10月)した眺望写真に計画段階の図面を基に描き起こした完成予想CGを合成し、CG処理を加えたものであり、実際とは異なります。また、各住戸からご覧頂ける眺望とは異なります。眺望は将来的に保証されるものではありません。※エントランス完成予想CG・敷地配置イラストは計画段階の図面を基に描き起こしたもので、形状・色彩等は実際とは異なります。敷地配置イラストは歩道等、敷地外も描いております。外観形状の細部・設備機器等及び敷地配置イラストの外構・歩道・街路樹等の詳細は表現しておりません。今後、施工上の理由及び改良のため、変更になる場合があります。尚、植栽は、実際に植樹する植栽と樹形、枝ぶり、葉や色合いが異なる場合があります。また特定の季節の状況、竣工時の成長度合いを示すものではありません。
エリア開発
品川区・大井町が描く躍進の未来。
世界に開かれた東京の玄関口としてポテンシャルを高める品川地区。
そして、駅前エリアの開発で変貌を遂げる大井町。
将来、さらに輝きを増す東京を愉しむという思想をここに。
品川区・大井町が描く躍進の未来。
現地周辺航空写真(2017年9月撮影)
※掲載の現地周辺空撮写真は2017年9月に撮影したものに、鉄道路線、国家戦略特別区域・まちづくりガイドライン策定エリア・再開発事業等のおおよその位置を図示し、光等CG処理を加えたもので、実際とは異なります。また現地の位置を表現した光は建物の規模や高さを示すものではありません。なお、周辺環境は将来変わる場合があります。
東京のサウスゲート「品川」の躍進を目の当たりに。
東京のサウスゲート「品川」の躍進を目の当たりに。
羽田空港と都心の間にあり、海外からの 玄関口として重要性を高めている品川。
東京の顔に相応しい基盤と空間を備えた都市づくりが進んでいます。

■アジアヘッドクォーター特区として、アジアの中心拠点を目指す品川。
東京の国際競争力を向上させ、更なる成長へと導くために、国際戦略総合特別区域として国の指定を受けた「アジアヘッドクォーター特区」。品川駅・田町駅周辺地域はその一つに選ばれ、外国企業のアジア地域の業務統括拠点・研究開発拠点を誘致してビジネス交流・支援・生活環境整備などの役割を担っていきます。

■品川駅に「リニア中央新幹線」駅併設の計画が進行中。
最高時速約500kmで走行し、品川~名古屋間を約40分で結ぶ計画の「リニア中央新幹線」。※2「品川」駅を始発駅とする開業を2027年に予定しています。
※ 出典:国土交通省ホームページ「リニア中央新幹線の概要」

■JR山手線新駅開発とともに高まる品川のポテンシャル。
JR山手線の「品川」駅~「田町」駅間に新駅を開設する工事が進められ、2020年には暫定開業をする予定です。本格開業は周辺の再開発による街開きと共に、2024年を目指しています。
※出典:JR東日本ホームページ「品川開発プロジェクトにおける品川新駅(仮称)の概要について
品川駅周辺開発計画概念図(「品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014」から作成)
※1.2024年度事業完了予定
※2.所要時間は国土交通省による発表であり、変更となる場合があります。
※アジアヘッドクォーター特区/2011年制定 出典元:内閣府HP(2018年2月現在)
※JR東日本品川新駅(仮称)予定地[JR品川車両基地開発/新駅暫定開業予定:2020年 出典元:東日本旅客鉄道株式会社HP(2018年2月現在)]
※品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014/2014年策定 出典元:東京都都市整備局HP(2018年2月現在)
※リニア中央新幹線/東京・名古屋2027年開業予定。2045年、名古屋・大阪間開業予定。出典元:リニア中央新幹線建設促進期成同盟会HP(2018年2月現在)また、本プロジェクトにはJR東海(東海旅客鉄道株式会社)は関与しておりません。
※品川駅西口地区/「品川駅・田町駅周辺まちづくりガイドライン2014」(東京都都市整備局都市づくり政策部開発企画課・2014年9月発行)より
※大井町駅周辺地区まちづくり構想/2011年制定 出典元:「品川区まちづくりマスタープラン」(品川区HP・2018年2月現在)より
※掲載の計画内容・開業予定時期・工事完了予定時期等は今後の見直し等により変更となる場合があります。また、構想段階の計画につきましては実施が確約されるものではありません。予めご了承ください。
「大井町」の未来が広がる、大井町駅周辺地区まちづくり構想
品川区役所が立地するなど、区の中心的な位置付けにある「大井町」。
「品川」駅周辺と連続する品川区のダイナミックなまちづくり構想の一環として、「大井町」駅周辺地区でも大規模な土地利用転換によって都市機能を高める様々な取り組みが進められています。
「大井町」の未来が広がる、大井町駅周辺地区まちづくり構想
大井町駅周辺地区まちづくり構想図
※掲載の品川駅周辺開発計画概念図、大井町駅周辺地区まちづくり構想図は品川駅・大井町駅周辺の各開発エリア・構想エリア等の情報を基に図示したもので実際とは異なります。掲載の計画内容は今後の見直し等により変更となる場合があります。また、構想段階の計画につきましては実施が確約されるものではありません。予めご了承ください。
2018年6月下旬販売開始予定。ただいま資料請求受付中!
  • 公開
  • 資料配布
  • モデルルーム
  • 販売開始
  • 竣工
  • 完売
  • 2018年3月7日
  • 受付中
  • 未定
  • 2018年6月下旬(予定)
  • 2020年6月末(予定)

モデルルーム・イベント情報

「クレヴィアタワー大井町 THE RESIDENCE」マンションギャラリー
電話:0120-261-136
営業時間/平日11:00~18:00 土日祝10:00~18:00
定休日/水・木・第二火曜日(祝日除く)
※携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
※お問い合わせの際は、「アットホーム 新築マンションPLEASE」または「アットホーム」を見て、とお伝えいただくとスムーズです。
地図内アイコンの説明
現地
モデルルーム
現地モデルルーム

※情報の更新タイミングにより、地図上に表示されるマンションやモデルルームの位置情報が最新ではない場合がございます。

2018年6月下旬販売開始予定。ただいま資料請求受付中!
  • 公開
  • 資料配布
  • モデルルーム
  • 販売開始
  • 竣工
  • 完売
  • 2018年3月7日
  • 受付中
  • 未定
  • 2018年6月下旬(予定)
  • 2020年6月末(予定)

CLOSE

「クレヴィアタワー大井町 THE RESIDENCE」マンションギャラリー
無料でご利用いただけるお問い合わせ専用の電話番号を発行いたしました。
(お客様の電話番号は不動産会社には通知されません。)
無料通話
電話番号を確認しております
無料通話
無料通話サービスが
大変に混み合っております。
  • ・発信後、ガイダンスに従い通話をご利用ください。
  • ・電話番号発行後、発信せず15分が経過した場合は番号が無効となります。
    ただし、一度発信しますと、180分まで利用が可能です。
  • ※時間が経過し番号が無効になった場合は「番号再発行」ボタンをクリックしご利用いただくか
    再度、物件ページ内の「電話でお問い合わせ」ボタンをクリックし、新しい番号を発行しご利用ください。
  • ※電話がつながらない場合もございます。
    その際は、物件ページ内の「お問い合わせ先」の電話番号へ直接ご連絡くださいますようお願いいたします。
  • ・お手数をおかけいたしますが、しばらくしてから再度、
    物件ページ内の「電話でお問い合わせ」ボタンをクリックし、ご利用いただくか、
    もしくは、物件ページ(物件概要)内にあります「お問い合わせ先」の番号へ
    直接ご連絡くださいますようお願いいたします。

CLOSE