• 外観(2017年10月撮影)
    外観(2017年10月撮影)
  • 外観(2017年10月撮影)
    外観(2017年10月撮影)
  • 回廊(2017年10月撮影)
    回廊(2017年10月撮影)
  • エントランスホール(2017年10月撮影)
    エントランスホール(2017年10月撮影)
  • 「二子玉川」駅より
    徒歩10分
  • 90㎡台・3LDK中心
  • 85㎡台・2LDK
    92㎡台・3LDK

未入居マンション

ザ・パークハウス 二子玉川碧の杜
  • モデルルーム公開中
  • シェアする
    • facebook
    • twitter
    • Google+
三菱地所レジデンス株式会社 
東京都世田谷区玉川4丁目1720番6(地番)
東急田園都市線「二子玉川」駅 徒歩10分
間取り:
2LDK・3LDK
   専有面積:
85.68㎡~92.98㎡
価格: 1億3390万円~1億4980万円

■専有面積約93㎡超中心。全居室 冷・暖房・換気システム「エアロテック」標準装備。
■敷地全体が緑に囲まれた、全邸南西向き、低層レジデンス。
■「二子玉川」駅徒歩10分、ほぼフラットアプローチ。

  • 風致地区の一画
  • 「渋谷」駅から直通で10分
  • 全20邸、低層3階建て
  • リングシャッター付き駐車場
  • 全邸南西向き
  • 大型収納スペース
  • 全戸に全居室冷暖房換気システム「エアロテック」を標準装備
※掲載の外観・回廊写真は2017年10月に撮影したものです。
購入申込み受付中。ただいま資料請求受付中!モデルルーム公開中!
  • 公開
  • 資料配布
  • モデルルーム
  • 販売開始
  • 竣工
  • 完売
  • 2017年7月13日
  • 受付中
  • 公開中
  • 申込み受付中
  • 2017年7月
コンセプト
邸宅の資質。
邸宅の資質。
<外観>
※掲載の外観写真は2017年10月に撮影したものです。
辿りつく先にあるもの。
地を識り、邸を磨き、時を深める。歳月を重ね、今も緑濃き街並みを守る、穏やかな風致地区の一画。世田谷区玉川四丁目。
ここは、変わりゆく都市と、変わらない豊かさが寄り添う場所。二子玉川の杜にふさわしい、邸宅の哲学を創るために。
そして、次代にまで想いを馳せた、美しい暮らしの時を深めるために。その志を、丹念に、ひとつの結晶へと実らせた邸をお届けします。
ロケーション
玉川高島屋S・Cを象徴に、美しく輝き続ける街並み。
玉川高島屋S・Cを象徴に、美しく輝き続ける街並み。
玉川高島屋S・C(徒歩7分・約510m)
※掲載の写真は、2015年11月、2017年4月に撮影されたものです。
玉川高島屋S・Cへ徒歩7分。
「渋谷」駅から直通で10分。長い時と共に沿線開発が行われた東急田園都市線にあって、今なお進化し続ける「二子玉川」。
国内・海外の有名ブランドが揃う玉川高島屋S・Cを象徴に、多くの人々が訪れ、洗練の都市風景を愉しんでいます。
二子玉川が、私たちを惹きつけるのは何故か。それは、トレンドをリードしながら、自然や文化も大切に育む街の気風。
新しいだけではない、歳月を重ねる街ならではの豊かさがあります。
玉川高島屋S・Cへ徒歩7分。
<エリア概念イメージイラスト>
※エリア概念イメージイラストは地図等の資料を基に描き起こしたイメージイラストで、地形・建物の大きさ・距離・方向等は実際とは異なります。また、周辺道路・建物等は簡略化しております。
※「渋谷」駅まで直通10分:東急田園都市線急行利用(通勤時13分)・掲載の分数は日中平常時のもので、時間帯により異なります。また、乗換、待ち時間は含まれません。2017年5月現在のダイヤによるものです。※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げております。
駅から現地までは、軽快で心地よいほぼフラットなアプローチ。
駅から歩道が整備され、通学の時間帯は車の進入が規制される「ハナミズキ通り」のほぼフラットなアプローチ。
駅から現地までは、軽快で心地よいほぼフラットなアプローチ。
※掲載のアプローチイメージ断面イラストは、地図、地形図等を基に描き起こしたイメージイラストで、地形・建物の高さ・距離・方向・眺望等は実際とは異なります。また、周辺道路・建物等は簡略化しております。
ポジション
静穏の領域。
静穏の領域。
ハナミズキ通り(徒歩1分・約80m)
※掲載の写真は2017年5月撮影。表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げております。
そして、この街の豊かさを穏やかに愉しむ場所へ。
「二子玉川」駅周辺でも、古くから邸宅街が開かれた駅西口エリア。水と緑の自然風景も豊富に残り、三菱の創業者・岩崎家の庭園であった岡本静嘉堂緑地もその一つとして知られています。「ザ・パークハウス 二子玉川碧の杜」は、こうした地域の貴重な景観を維持するために、厳しい規制が設けられた風致地区内に位置。さらに、高層の建築物を建てることのできない第一種低層住居専用地域にあることで、落ち着いた住宅街の環境が保全されています。二子玉川の都市性を享受する以上に、この地の安らぎと趣きに包まれて暮らすという価値があります。
そして、この街の豊かさを穏やかに愉しむ場所へ。
※掲載の概念図は、地図、都市計画図等を基に描き起こした概念図で、実際とは異なります。(2017年6月現在)
世田谷区内では唯一の風致地区、自然環境を保全した良好な街並み。
風致地区とは、都市の自然的景観を維持するために定められた地域のこと。建設物の建築や、樹木の伐採などに厳格な制限が設けられ、自然環境と調和した良好な住環境の維持・保全が図られます。現地周辺は、世田谷区内では唯一の風致地区となる、多摩川風致地区内に位置しています。
世田谷区内では唯一の風致地区、自然環境を保全した良好な街並み。
※掲載の概念図は、地図、都市計画図等を基に描き起こした概念図で、実際とは異なります。(2017年6月現在)
デザイン
一つの作品として、凛々しく静かな存在感を語る。
一つの作品として、凛々しく静かな存在感を語る。
<回廊>
※掲載の回廊写真は2017年10月に撮影したものです。
風景と溶け合い、街に静かな景観美を添える。
全20邸、低層3階建ての開発計画は、レジデンスの粋美を深めるに相応しいもの。
界隈に連綿と続く邸宅街の趣きと対話するかの如く、この地の歴史を想い、周囲に広がる美しい景観に応えることを求めました。
静かに街と溶け合う端正な佇まい、緑量を豊かに纏ったランドスケープ。そして、細部の造形まで精緻に磨き上げたからこそ叶えられる私邸の美質。
住まう方の人生を象徴するように、この地に在るべきレジデンスの姿を映し出します。
風景と溶け合い、街に静かな景観美を添える。
<外観>
ふと眺める景色にも、癒しと潤いが満ちている。
地域の景観と響き合うように敷地周囲に巡らせた緑の木立、そして邸宅の構えとなるシンボルツリー。
住まう方を誘うエントランスは、内を厳かに護り、外部に緩やかに開かれた空間を追求しました。
あたかも緑のギャラリーを眺めて歩みを進める回廊は、日常に自然を感じるひとときをもたらす迎賓の小径といった趣きに。
澄み渡る風、柔らかな木漏れ日、そして四季折々に色づく花や緑が、優しく包み込みながら私邸の領域へ導きます。
ふと眺める景色にも、癒しと潤いが満ちている。
<エントランスホール>
美術館のように静かで凛とした空気感が漂うエントランスホール。
大きなガラス越しに季節の植栽を楽しむ、趣きに満ちた空間に仕上げました。
モダンなテーブルをレイアウトし、景色を眺めながら憩いや寛ぎのひとときをお過ごしいただけます。
※掲載の建物写真はすべて2017年10月に撮影したものです。
ランドスケープ
絶景を描く。
絶景を描く。
<外観>
豊かな環境と響き合い、新たな景観を描き出す敷地計画。
豊かな環境と響き合い、新たな景観を描き出す敷地計画。
【1】セキュリティに配慮したリングシャッター付き駐車場。
駐車場の出入口には居住者専用のリモコンで自動で開閉するリングシャッターを採用。
また、エントランスと駐車場の出入口を完全に分離することで、歩行者と車の動線の安全性を確保しています。

【2】吹抜とルーバーで住戸内のプライバシーを確保。
共用廊下側に面する窓をつくらず、自然の光と風を感じられるように吹抜とルーバーを多用しました。
住戸のプライバシーを守りながら、建物の美しさもすっきりと引き立てます。

【3】邸宅に優しい表情を添える、シンボルツリーのあるエントランスアプローチ。
樹形の整った針葉樹でコーナーをおさえ、フォーマルなエントランスの構えをつくる北広場。
シンボルツリーのシラカシと共に、エントランスアプローチを演出します。

【4】高木を配し、敷地内のプライバシーを守る。
南西側の敷地境界には、シラカシの高垣と、シマトネリコで視線を遮ります。
住戸内からは、日常的に緑の潤いを感じられるように配慮しています。

【5】私邸の領域を印象づけ、緑の趣きが優しく誘う回廊。
エントランスアプローチの前には、石積みの壁と緑の植栽を巡らせることで、回廊空間を演出しました。
レジデンスとしてのフォーマルな顔立ちをつくります。

【6】レジデンスを緑で囲む、季節感溢れる植栽計画。
敷地北側の沿道には、季節ごとの彩りが美しい樹木で沿道緑化をします。
四季折々の豊かな景観を演出しながら、敷地内のプライバシーを守ります。
※掲載の建物写真はすべて2017年10月に撮影したものです。
エアロテック
全居室冷暖房換気システム「エアロテック」標準装備。
全居室冷暖房換気システム「エアロテック」標準装備。
<image photo>
永く健康に暮らすために、「エアロテック」を全住戸に採用。
「エアロテック」は、[エアコン]・[空気清浄機]・[床暖房]にあたる空気環境設備を一つに。
「エアコン」は空気を冷やし、温める。「床暖房」は物(床)を温める。
「エアロテック」はこれらを一つで行います。初めは空気を冷やしたり、温めたためます。
その熱はコンクリートに伝わり、そしてコンクリートの箱内が温度調整の役割となります。
同時に空気清浄も行い室内の隅々まで空気環境を整えます。
<床置形エアロテックのシステム構成概念図>
※写真は全て参考写真
【体にやさしい温度】
「エアロテック」は、部屋ごとで温度設定が可能です。また、部屋からの空気循環によって、洗面室や廊下などの温度も快適に。住まいのどこにいても心地よく過ごせます。

【空間を美しく】
各部屋にあるのはルームコントローラーと吹出口だけ。インテリアの邪魔になる室内機はありません。風の吹き出す音も静かで、快適な住空間を保ちます。

【いつも清潔な空気】
外気を取り入れる際、除塵フィルターが花粉や大気中のホコリなどを約97%カット。家中をクリーンな空気が循環します。

【お手入れも快適】
お手入れは2週間に1度、空気清浄フィルターに掃除機をかけるだけ。通常のエアコンは各機ごとに掃除が必要ですが、「エアロテック」は一箇所のお手入れで簡単です。
※定期点検は1年間無料
税制優遇を受けられる「低炭素建築物認定制度」対応住宅
「低炭素建築物認定制度」とは、2012年9月に公布され、改正省エネ基準に先駆けとして生まれた制度。低炭素建築物の認定を取得することで、CO2削減の観点で地球環境に貢献でき、さらに税制の優遇も受けることができます。マンションにおいても、より一層のCO2削減や省エネが求められる中、「ザ・パークハウス 二子玉川碧の杜」では次世代を見据えて対応しています。
低炭素建築物の新築等計画の認定
●省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が△10%以上となること。
●その他の低炭素化に資する措置が講じられていること。
購入申込み受付中。ただいま資料請求受付中!モデルルーム公開中!
  • 公開
  • 資料配布
  • モデルルーム
  • 販売開始
  • 竣工
  • 完売
  • 2017年7月13日
  • 受付中
  • 公開中
  • 申込み受付中
  • 2017年7月

モデルルーム・イベント情報

建物内モデルルーム公開中(完全予約制)
ザ・パークハウス 二子玉川碧の杜 現地インフォメーションサロン
電話:0120-320-298
平日/11:00~18:00、土日/10:00~17:00  定休日/水・木曜、第2火曜日(祝日除く)
※お問い合わせの際は、「アットホーム 新築マンションPLEASE」または「アットホーム」を見て、とお伝えいただくとスムーズです。
地図内アイコンの説明
現地
モデルルーム
現地モデルルーム

※情報の更新タイミングにより、地図上に表示されるマンションやモデルルームの位置情報が最新ではない場合がございます。

購入申込み受付中。ただいま資料請求受付中!モデルルーム公開中!
  • 公開
  • 資料配布
  • モデルルーム
  • 販売開始
  • 竣工
  • 完売
  • 2017年7月13日
  • 受付中
  • 公開中
  • 申込み受付中
  • 2017年7月

CLOSE

ザ・パークハウス 二子玉川碧の杜 現地インフォメーションサロン
無料でご利用いただけるお問い合わせ専用の電話番号を発行いたしました。
(お客様の電話番号は不動産会社には通知されません。)
無料通話
電話番号を確認しております
無料通話
無料通話サービスが
大変に混み合っております。
  • ・発信後、ガイダンスに従い通話をご利用ください。
  • ・電話番号発行後、発信せず15分が経過した場合は番号が無効となります。
    ただし、一度発信しますと、180分まで利用が可能です。
  • ※時間が経過し番号が無効になった場合は「番号再発行」ボタンをクリックしご利用いただくか
    再度、物件ページ内の「電話でお問い合わせ」ボタンをクリックし、新しい番号を発行しご利用ください。
  • ※電話がつながらない場合もございます。
    その際は、物件ページ内の「お問い合わせ先」の電話番号へ直接ご連絡くださいますようお願いいたします。
  • ・お手数をおかけいたしますが、しばらくしてから再度、
    物件ページ内の「電話でお問い合わせ」ボタンをクリックし、ご利用いただくか、
    もしくは、物件ページ(物件概要)内にあります「お問い合わせ先」の番号へ
    直接ご連絡くださいますようお願いいたします。

CLOSE