キッチンではいろんな家事を同時進行。 開放感と穏やかさに包まれたコートハウス
ハイスツールを置いたキッチンカウンターは、いつでも家族のコミュニケーションス ペースに。ここから声をかければ、自然と子どもにも手伝いを促せる
2020.11.20

キッチンではいろんな家事を同時進行。 開放感と穏やかさに包まれたコートハウス

イチゴを栽培するハウスに隣接するコートハウス。 開けた視線と通り抜ける風、程よい囲まれ感が心地よい暮らし

Key Word
TRIP
102

海と山に囲まれた風光明媚な愛知県蒲郡市にIさん家族が暮らすコートハウスがある。ご主人は大学卒業後、会社員を経て、家業のイチゴ農家を継いだ。奥さまは保育士。子どもは小学生と幼稚園児の元気な男の子が2人。これで忙しくないはずはない。
 

物件データ 所在地/愛知県蒲郡市
面積/138.82㎡
築年月/2015年2月
設計/松原知己(松原建築計画)
matsubara-architect.com/top.htm

奥さまは保育園で午前中の勤務を終え帰宅すると、山のような家事をこなさなければならない。「仕事から帰るとすぐに夫と自分の昼食の用意。午後は、幼稚園のお迎えや習い事の送り迎え。帰ると夕飯の準備。同時に洗濯などもしているので、夕食を終えるまでは、キッチンに立ちっぱなしですね」と話してくれた奥さま。

コの字型に囲まれた中庭には芝を敷き詰め、シンボルツリーとしてアオダモを植えた。スタディコーナー前には、メンテナンスフリーの大谷石でテラスをつくった
道路から見た外観。背の低い塀や植栽で緩やかに仕切られている。右側イチゴハウスの横から裏動線へ通じる。左はご主人の事務室と趣味室を兼ねた「離れ」

そんな忙しい家族の生活の中心がこのキッチン。ここに立つと、廊下に設けられたスタディコーナーへ視線が通り、中庭の緑を眺めながら、家事をこなすことができる。
ご主人は「畑の一角に建てる職住一体型の家なので、オンとオフは分けたかったですね。ならば中庭のある家がいいのかなと。でも閉塞的になるのではなく、光や風を取り込んだ開放感のある家にしたかった」という。

正面の引き戸の奥が家事室、サービスコート、外部へと続く裏動線。キッチンは清潔感のあるステンレス製。背面には、里山の風景を遠望できるハイサイドウインドーも
リビングからDKを望む。リビングは2段ほどスキップしているので、平屋でありながら、高低差のある空間の変化も楽しめる。リズミカルな現しの梁も印象的

設計を任されたのは、松原建築計画の松原知己さん。提案したプランは、コの字型に中庭を囲んだ「母屋」と、ご主人の事務室と趣味室を兼ねる「離れ」を組み合わせた平屋のプラン。回りは背の低い塀と常緑樹で囲い、外部と程よくつながりながらプライバ シーも守られるよう計画した。

キッチン内側には、奥さまこだわりのタイルを貼った。「ここにいると、スタディコーナーやLDまで目が届きます。中庭の抜け感も気持ちいいですね」(奥さま)

また、ご主人が農作業から帰ってくるための裏動線も設けた。職住一体型住宅だからこそ、オンとオフをうまく切り替えるための仕掛けが必要というわけだ。「母屋」と「離れ」からは、いつでも中庭の様子を眺めることができる。

カウンター下を掘り下げたスタディコーナー。DKとの仕切りには引き込み戸が設けられている。子どもが勉強に集中したいときはここを閉める

キッチン、リビングの外壁側に設けられたハイサイドウインドーからは、イチゴのハウスや遠くに里山の風景を望むことができる。内を見ても、外を見ても、場所によって変化に富んだ景色に出会うことができるのだ。
 小学三年生の長男の将来の夢は「イチゴ農家になって、お父さんと一緒に働くこと」。親の働く背中を見て育つ。職住一体の住宅は自然とそんな環境を整えてくれる。

取材協力

HOMETRIP Styles of living

  • <
  • /
  • <
close
prev
next
athome
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。