athome
×
LiVES
土地の気候と向き合い、家族一人一人のライフスタイルを尊重する住まい
南側の外観。庇を深く取ることで、夏は強い日差しを遮り、冬は室内の奥まで暖かくする。右手前は芝刈り機などを収める外収納
2018.09.20

土地の気候と向き合い、家族一人一人のライフスタイルを尊重する住まい

冬の“からっ風”をよけ、夏は湖からの涼風を取り入れる、群馬ならではの自然環境に寄り添う家。X型のユニークなプランは、思い思いのプライベートタイムを充実させる上でも役立っている

TRIP
77

高崎の市街地を望み、自然に囲まれた高台に建つMさんの住まい。ご夫妻は共に他県出身ながら、仕事で慣れ親しみ、関東のみならず東北や北陸、東海地方にも行きやすい利便性の良さが気に入り、この地に腰を据えることにした。
 「せっかくなら普通とは違う面白みのある家にしたいと思いました」とご主人。建築家と建てた家はなんとX型、これには単にユニークというだけではなく風土に溶け込む理由が隠されている。

物件データ 所在地/群馬県高崎市
面積/141.77m²
築年月/2016年7月
設計/HIRO建築工房
www.hiro-arch.com

冬に越後山脈を越えて赤城山から吹き降ろす北風は、「上州のからっ風」といわれる群馬の名物で、ときに住民を困らせる。
 「群馬に来た頃は、あまりの強風に台風かと思うほど驚きました。洗濯物はたちまち飛んで行ってしまうので、絶対に外には干せません」(奥さま)

玄関は高窓のほか、足元に庭に面したFIX窓も設けて採光性をアップ。扉は風で勢いよく閉まらない引き戸に
2階廊下はギャラリーのような雰囲気。窓からの眺望も美しく、「ここで食事をするのもいいなと計画中です」(ご主人)
一面をガラス張りにしたLDK。スチール階段は蓄熱・放熱の暖房効果がある

この地域では、古くから屋敷林を設けるなどして強い寒風から建物を守る対策が取られてきたが、Mさんの家では建物の造りで回避している。
 「冬に吹く強い北風を真っ向から受けないように外壁の配置を工夫しました。また、気密性の高い窓を採用して、暖かな室内環境を保てるようにも。逆に夏は、湖を通って冷気を帯びた南風が吹くため、南側に庭や大きな窓を配置して、気持ちの良い風を取り込めるようにしています」(建築家・伊藤昭博さん)

和室は客間として使用。窓の外はベンチと深い軒が設けられた縁側のようなスペース
内庭に面した明るく広々とした洗面室。洗面台は2人並んでも余裕で使えるワイドサイズに

間取りは、家族がそれぞれの時間を過ごすのにもぴったり。平日、フルタイムで働くご夫妻と高校生のお嬢さまにとって、一人で気兼ねなく過ごせる空間を持つことは必須だった。
そのため、中央部をLDKとし、先端部を洗面室や浴室、個室などのプライベートスペースに。物音を気にせずに個々の時間を満喫しながら、生活動線を交差させることで、自然と家族の交流が生まれるようにしている。近隣の視線を避け、美しい景観を取り込むように壁や窓の配置が考えられているのもポイントだ。
 「家中、どこから眺めても景色が良くて、家族それぞれが自分のスタイルで過ごせる。リラックスできるわが家に大満足しています」(ご主人)

「好きな本に囲まれたい」と、天井まで棚を設けたご主人の部屋。南の窓からは、庭の緑とLDKが見える
text_ Makiko Hoshino photograph_ Akira Nakamura

HOMETRIP Styles of living

  • <
  • /
  • <
close
prev
next
athome
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。