「カルチャー・風習」

記事一覧

超高床式住宅 流行のワケ/ブリスベン(オーストラリア)

超高床式住宅 流行のワケ/ブリスベン(オーストラリア)

なっ、なんなんだ、これは!「家というのは地上にあるもの」という固定概念を見事にひっくり返してくれる「超高床式住宅」とでも呼べる物件が、オーストラリア・クイーンズランド州の州都ブリスベンにはたくさんある。オーナーが「木の上の秘密基地みたいな家に住みたい」という子どものころからの夢を叶えたわけでも、宮崎アニメの名作『天空の城ラピュタ』の大ファンであるわけでもない。

街のコト
小林希さん「旅先が故郷となった日」

小林希さん「旅先が故郷となった日」

旅先が「帰る場所」になった時、そこには30年ぶりに息吹を吹き返した古民家があった。古民家の庭先にはミントやセージなどのハーブが青青しく生え、瑠璃色の朝顔が風に揺らぎ、縁側に飛び乗った茶トラ猫が悠々と居眠りをはじめる。自然に生える向日葵がもうすぐ満開を迎えそうだ。

街のコト
変わりゆく マヤの伝統的な生活風景/ケツァルテナンゴ(グアテマラ)

変わりゆく マヤの伝統的な生活風景/ケツァルテナンゴ(グアテマラ)

日本人にはコーヒーの産地としておなじみの中米グアテマラ。首都グアテマラシティに次ぐ第二の都市ケツァルテナンゴは標高2300m。スペイン語学校と語学留学で滞在する外国人相手の店が多いおしゃれな町だ。近郊には温泉が湧き、周囲は山に囲まれ、山間には村がある。マヤの末裔である先住民の人々は、ウィピルという民族衣装を着ている。ウィピルは腰機で織った布を縫い合わせた貫頭衣だ。村ごとに特徴的な模様が織りこまれたウィピルは、コミュニティーのユニフォームであった。

街のコト
高橋真理子さん「すべての人に星空を」

高橋真理子さん「すべての人に星空を」

詩人・長田 弘さんの代表作のひとつである「最初の質問」という詩をご存じでしょうか?「今日、あなたは空を見上げましたか。空は遠かったですか、近かったですか」というくだりから始まります。人々にとって幸せとは何だろう、という問いかけが、この詩の全体を包んでいます。空を仰ぐことと、幸せに生きることは、とても近いところにあります。

街のコト
賃貸住宅が少なく 家探しに苦労/広州(中国)

賃貸住宅が少なく 家探しに苦労/広州(中国)

広東省の広州で家探しをすることになった。広州といえば北京、上海に続く経済が発達した地域であり、「食は広州にあり」という言葉で知られる。広東料理は日本人にとっても薄味で口に合うので住みやすい地域といえるのだが、今回の家探しは、広州ならではの事情で苦労した。

街のコト