暮らしのコト

土地の魅力が凝縮! 全国「道の駅」めぐりの旅

昔日の交通の要所が復活した「道の駅もっくる新城」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

全国から注目の道の駅をご紹介する『全国「道の駅」めぐりの旅』、今回は愛知県新城市にやってきました! 新城市は、東は静岡県に接している県境にある市で「奥三河」とも呼ばれています。豊かな自然に恵まれ、名産はシイタケ、自然薯、カキ、ブドウなどが有名で、夏になれば市内を流れる川で鮎も獲ることができます。

そんなこの地に、いま注目の道の駅があるんです!

2月13日に「新東名高速道路」の未開通区間である「浜松いなさJCT=豊田東JCT」間が開通になったことをご存知ですか? 今回の道の駅は、新規開通区間の新城ICを出ててすぐの場所にあることで注目されています。ちなみにこちらの道の駅は、JR飯田線三河東郷駅からも徒歩15分と、電車でも訪れることができます。

新東名を降りて、すぐの十字路先に目的の道の駅はありました。1〜2分というところでしょうか。

十字路の角には、大きな文字で案内が出ていました。

十字路の角には、大きな文字で案内が出ていました。

こちらが今回ご紹介する「道の駅もっくる新城」です! 平日のお昼過ぎにもかかわらず、駐車場は車でいっぱい。次々にお客さんが入ってくることからも、注目度の高さがうかがえますね。

木材を生かした、面白い形をしたメインの建物が目を引く「もっくる新城」。

木材を生かした、面白い形をしたメインの建物が目を引く「もっくる新城」。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME