暮らしのコト

土地の魅力が凝縮! 全国「道の駅」めぐりの旅

子どもの学び舎から地域の交流施設へ「都市交流施設・道の駅保田小学校」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

全国から注目の道の駅をご紹介する『全国「道の駅」めぐりの旅』。今回は千葉県安房郡鋸南町にやってきました!

「鋸南」は千葉を代表する名山の一つ「鋸山」の南に位置します。その鋸山にある日本寺には日本屈指の大きさを誇る石仏があり、観光の名所となっています。また、水仙の花の植生地としても有名で、取材時には白い花がいたるところで咲き誇り、爽やかな香りを漂わせていました。

花の見頃は12月末〜1月末。2月7日まで「水仙まつり」も催されています。

花の見頃は12月末〜1月末。2月7日まで「水仙まつり」も催されています。

今回の目的地は、車では富津館山道路・鋸南保田ICを出て左折しすぐ。電車ではJR内房線保田駅から徒歩15分ほどのところにあります。

この鋸南町には、2015年12月に画期的なアイデアの道の駅がオープンし、話題を集めているとか。そのアイデアが生きているのは施設の再利用方法。再利用されたのは、なんと「小学校」です!

ロードサインには「保田小学校」の文字が!

ロードサインには「保田小学校」の文字が!

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME