『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル動画コンテンツ

#083 太鼓師 朝倉 慶介

太鼓師

Taikoshi

朝倉 慶介

Asakura Keisuke

プロフィール

1990年 愛知県生まれ

高校入学の際、先輩の和太鼓演奏を見た瞬間に魅了され、和太鼓部に入部。海外公演などに参加。大学に入り、「和太鼓チーム零〜ZERO〜」に加入。同時に「和太鼓の音」にも興味を持つようになる。和太鼓の音を自らの手で作ってみたいと、創業150年の老舗「三浦太鼓店」で太鼓師の道を歩き出した。「活きた和太鼓の音」にこだわり、職人として和太鼓奏者として修行に勤しむ日々を送る。

朝倉 慶介さんインタビュー

活きた和太鼓の音

叩くと絶対に「ドーン!」と音がします。ドーン!という一つの音だからこそ、和太鼓には音の深さがあります。その和太鼓の音が好きなんです。それを教えてくれたのが三浦太鼓店の太鼓で、この音を届けたい!と思いました。和太鼓奏者として、また職人として。
太鼓を作っている時は、楽器を作るというより、「0(ぜろ)から音を育てる」という感覚です。一つひとつの作業が、全て音に関わるので気を抜けるところはありません。
一発の「ドーン!」にこだわり、腹の底に響くパワーが宿る音作りに励んでいます。僕の生み出した「活きた和太鼓の音」が100年後にも響き渡っていると良いですね。

五代目 彌市(三浦宏之)氏インタビュー

和太鼓の胴の中には、製造年月日や職人の名前、修理の記録などが書かれています。太鼓が辿ってきた人生がわかるんです。今回、朝倉の母校の和太鼓部から修理の依頼がありました。彼が和太鼓を始めたきっかけになった太鼓です。修理を終えた時、朝倉に修理の記録を胴の中に書かせました。これには、職人としての責任、技術の伝承などの意味があります。こうして技術が受け継がれてきました。何十年後の修理の際、違う職人がそれを見た時、我々の技術を見て、「この技術は真似できない」とか「こんなに丁寧な仕事をしているのか」と思ってもらえれば、こんなに嬉しいことはありません。そう思ってもらえるような和太鼓を作り続けたいと思います。

六代目 彌市 和太鼓 零〜ZERO〜リーダー三浦和也氏インタビュー

「零〜ZERO〜」は、太鼓もない、経験もない、ゼロの状態からはじめたので、高みを目指して挑戦する意味を込めて名付けました。職人をやっていなければ、叩き方の技術、リズムだけで太鼓と向き合うと思います。幸運なことに職人としても向き合えるので、牛の皮の使用箇所、太鼓の胴の中まで感じながら叩くことができます。もし、どちらか一方の立場なら、こんなに太鼓のことが分からなかったと思います。だからこそ、生み出せる音があります。それが僕たちの最大の強みです。叩いた感覚を太鼓作り、音作りに活かして、皆さんに喜んでもらえるような太鼓を生み出したいと思います。

取材を終えて・・・

取材中、何度も耳にした「活きた和太鼓の音」という言葉。ずっと、その言葉が気になり、和太鼓の練習の合間に聞いてみた。
「ただ太鼓の形を作るだけなら、簡単にできるんです。でも、それだけでは和太鼓とは言えません。活きた音が響いてこそ和太鼓になるんです。自分で作った太鼓を叩くことで、仕組みや材質、もっとこうしたら良い音が出るんじゃないか?と太鼓が教えてくれるんです。だから太鼓を作るし、叩くんです」。
「活きた和太鼓の音」とは、本物の音を生み出したいという想いが音になったのかもしれない。和太鼓と会話をするように全身全霊で叩く、彼の熱い眼差しを見てそう感じた。