『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル動画コンテンツ

#072 淡路人形浄瑠璃 太夫 竹本 友里希

淡路人形浄瑠璃 太夫

Awajiningyojyoruri tayu

竹本 友里希

Takemoto Tomoriki

プロフィール

1995年 兵庫県生まれ

「淡路だんじり唄」の唄い手である父を持つ彼女は、幼い頃から浄瑠璃の節回しを耳にして育った。中学校に入学すると郷土芸能部に入部、翌2年生の時には、南あわじが生んだ人間国宝・鶴澤友路氏に弟子入りする。高校2年生の時、太夫を生業とする苗字「竹本」を名乗ることが許され、名前には師匠から「友」の一字と、「ふる里」に「希望」をという想いが込められ、「竹本友里希(たけもと ともりき)」という芸名を授かった。高校卒業と同時に淡路人形座に入り、太夫として活躍している。

太夫を選んだ理由は?

中学進学後、両親は兄や姉と同様に、私を運動部に入れたいと思っていたようですが、私は淡路人形浄瑠璃を学ぶ「郷土芸能部」に入部しました。
入部のきっかけは「一度見学においで!」と、仲良しの先輩に誘ってもらったことでした。部活を見学に行くと先輩が太夫をやっていて、その姿に感動して「自分も太夫をやりたい!」、そう思ったんです。
太夫をやっている先輩はまるで別人でした。普段の姿からは想像もできないほどの豹変ぶりで、登場人物ごとに変わる声、感情豊かな表情、どこをとっても感動しかありません。「どうやったら、人はあそこまで変われるんだろう?自分もあんな風に変わってみたい!」と、思いました。元々変身願望があったんですかね(笑)。
とにかく、すぐに入部を決意し、翌年には人間国宝でいらっしゃる鶴澤友路師匠に弟子入りしました。近くに友路師匠のような偉大な方がいらしたことは、私にとって凄くラッキーだったと思います。


太夫の難しい点は?

太夫として大成するのは、様々な人生経験を積んだ50歳を過ぎてからと言われています。
まだ20歳の私には、圧倒的に人生経験が足りません。もちろん発声技術など、それ以外にも磨いていかなくてはならないことがたくさんありますが「こんな時、人はどんな感情を抱くのか?」ということをしっかりと理解し表現することが、太夫として最も大切なことだと思っています。
そしてこれが一番難しい点でもあります。
例えば武士の感情などは、理解しづらいことが多いです。主君に仕え、その主君のためなら命すら投げ出す。現代では到底起こりえないことですからね。
そして、今(※取材時2015年6月現在)上演中の演目は「傾城阿波の鳴門 順礼歌の段」という母と娘の再会と別れを描いたお話なんですが、母になった経験のない私は、母親の役作りにとても苦労しています。娘の気持ちは、小さい頃、自分が迷子になった時の気持ちを思い出したりして、試行錯誤しています。
とにかくすべての経験が役作りに活きてくるので、休みの日は必ず外出して、街で人間観察をしたり、いろいろなお店に入って店員さんとお話ししたりしています。
太夫という仕事は、一生かけて追求していくものだと思います。生まれ故郷にあるこの素晴らしい伝統、文化を守り、ますます発展させていけるよう、これからも精進していきたいと思います。


取材を終えて・・・

取材が終わった翌日、友里希さんは東北の子どもたちに淡路人形浄瑠璃を伝えるため、淡路島を立ちました。人形遣い、三味線弾きの3人で、東北のさまざまな地域を半月かけて回るそうです。そして、それが終わるとすぐに、パリとミラノへヨーロッパ公演に出るとのこと。
彼女はまだまだ技術の習得に日々精進しなければならず、かつ普及活動も行わなくてはならない。本当に多忙な毎日を送る彼女。しかし、自分が本気で愛する道だからこそ、決して弱音を吐くこともなく、常にこの仕事ができることへの感謝の気持ちを持ってやり遂げる。太夫を『自らが最も輝ける道』そう話す彼女には、すばらしい未来が待っているに違いありません。