『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル動画コンテンツ

#065 彫金師 小林 浩之

彫金師

Choukinshi

小林 浩之

Kobayashi Hiroyuki

プロフィール

1980年 滋賀県生まれ

家は祖父の代から錺金具に関わる仕事に携わってきた。その家系の長男として生まれたが、学生時代はサッカーに夢中で、家業を継ぐことなど考えてもいなかった。しかし、大学時代に留学していたイタリアで、自国の文化に誇りを持つイタリアの職人たちの姿を見て、「父の伝統工芸こそ日本が誇る文化だ」と思い、大学卒業後、現代の名工である父に師事。それから10年、父のもとで研鑽の日々を送っている。

「彫金師」になろうとした、きっかけは?

幼い頃の僕の遊び場は父の工房でした。たがねを叩く音、何に使うのかわからない道具の数々。それら全てが何気ない日常の1コマだったのです。
サッカーをはじめてからは、夢中でボールを追いかける毎日を過ごしていたので、職人になろうということなどは、考えもしませんでした。
しかし、大学生になり、留学先のイタリアで大切なことに気づかされました。イタリアの職人たちは、自国の文化に誇りを持って仕事をしていました。
そんな彼らの姿を見ていて、幼い頃の何気ない日常こそが自分の目指すもの、父の仕事こそ誇れる仕事なのだ、と気づかされたのです。そして、父の跡を継ぎ彫金師になると決意し、卒業を機に正式に弟子入りを願い出ました。以来、父の横で10年間、たがねを叩いています。

どんな「彫金師」になりたいですか?

錺金具はプレス加工やメッキの機械化が進み、手仕事による伝統的な技法は途絶えつつあります。しかし、父は伝統的な技法つまり「本物の錺金具」にこだわり続けています。
父の信念は、どんなに難しい仕事の依頼でも恐れずに形にすること。それこそが「仕事を征服する仕事だ」と言います。伝統的な技法により生み出された「本物の錺金具」は、数百年経ってもその形がきちんと残ります。つまり、後世に残る仕事なのです。
本物にこだわる父のもとで、本物の技術を学んでいこうと思います。そして、いつの日か、後世に残る大きな仕事を成し遂げたいと思っています。

師匠・小林正雄さんインタビュー

浩之さんはどんな職人ですか?

慎重に丁寧に仕事をするタイプの職人だと思います。慎重で丁寧な仕事は、仕上がりをきれいにします。しかし、「慎重すぎる」のは、仕事の邪魔にもなります。もっと思い切りよく、スピードを上げて仕事をしてもらいたいと思う時があります。職人になって10年経ちますが、技術の進歩、職人としての成長を日々感じています。
いつか2人で手掛けた錺金具で、神社仏閣を装飾できればと思っています。

取材を終えて・・・

取材の合間、小林さんに「お子さんができたら家業を継がせたいですか?」と尋ねてみると「跡ですか…、継がせたいですね」と優しい笑顔で答えてくれました。
そして、「子どもには、自分の仕事、自分の作品を見せたいですし、そのためにも良い作品を作り続けていきたい」と話してくれました。そんな未来を話すその眼差しは、誇りに満ち溢れ、錺金具のようにきらきらと輝いていました。