『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル動画コンテンツ

#036 近江和ろうそく職人 大西 巧

近江和ろうそく職人

Omi warousoku-shokunin

大西 巧

Onishi Satoshi

プロフィール

1979年 滋賀県生まれ

滋賀県高島市で100年以上にわたり受け継がれている手作りの「近江和ろうそく」。その老舗「大與(だいよ)」の長男として生まれる。
子供の頃は家業にまったく興味がなく、企業への就職を考え京都の大学に進学。大学3年になり就職活動を行っていた頃、初めて父から和ろうそく造りへの想いを聞き、その魅力に心惹かれる。
そして意を決し、父に弟子入りを志願。以来、「近江和ろうそく」の伝統と技術を守るための修練の日々を送っている。

「和ろうそく職人」になろうとした、きっかけは?

幼い頃は家の仕事に全く興味がありませんでした。今思うと「興味がない」というより、見ないようにしていたのかもしれません。
その当時は普通の会社に勤めるお父さんを持つ友達が羨ましかったんです。友達のお父さんはスーツ姿でとても格好良く見えました。でも父は職人ですから、いつもラフな格好で朝から晩まで蝋(ろう)にまみれていたので、決して良いイメージを持っていなかったんです。そのためか自然と家から足が遠のき、高校までは野球に没頭する毎日でした。
そんな毎日ですから、将来は一般企業に就職するつもりでいましたし、ましてや父の後を継ぐとは夢にも思っていませんでした。
ところが大学3年の時に、大きな転機が訪れたんです。それは、就職について父と二人でした会話がきっかけでした。
私の話をひと通り聞いた後、父は私をじっと見つめ、和ろうそくの話を始めたんです。それは、初めて聞く話でした。「和ろうそく職人」として歩んできた長年の思い、いかに和ろうそく造りの奥が深く、難しいものなのか。そして、その難しい仕事とどのように向き合ってきたのか。衝撃でした。
父のことを何も知らなかった。自分は父の上面だけを見て本当の姿を見ようとしていなかった。
そして何か目が覚めたような気がしました。
「はぜ蝋」の和ろうそく造りにこだわり続けた父。父の偉大さに気付くとともに、和ろうそくの魅力も肌で感じることが出来たんです。
そして意を決して、父に弟子入りを願い出たんです。

どんな「職人」になりたいですか?

最近は師匠(父)から手直しされることはずいぶん減ったものの、職人としてまだまだ未熟、力不足なことは明らかです。
今はまだ鍛練の繰り返しですが、いずれはお客さんから私の作った和ろうそくを是非使いたい、と言っていただけるよう頑張ります。
そして、もっと多くの方に和ろうそくの魅力を知っていただきたいし、現代の生活の中でもっと和ろうそく使っていただきたいと思っています。そのためにも素材にこだわり、そして上質の和ろうそくを造らなければならないと感じています。

師匠(父)大西明弘 さん インタビュー

巧さんは、どんな職人になってほしいですか?

決して器用な子ではありませんし、子供の頃から家の仕事に興味をもっていませんでしたから、職人になりたいと言い出すとは思っていませんでした。ですから、私の後を継いで欲しいと言ったこともないし、考えもしませんでした。
この仕事は押し付けられて出来るものではありません。良いものが出来る出来ないは、どこまで自分の仕事にこだわるかで決まりますから。
私が造るものと同じものを造っても仕方がありません。そもそも同じものは一つもありません。巧は巧なりの和ろうそくを極めればいいと思います。ただ、決して忘れてはならないのは原料、貴重な良質の「はぜ蝋」にこだわること、そしてそれを生産している方々の思いを大事にすること。ただそれだけです。

取材を終えて・・・

仕事場を訪れ目にしたのは、100年以上も前から代々繰り返されてきたであろう師匠と弟子の姿。
師匠の言葉を一言一句聞きのがしてはならないと集中する弟子。
師匠の言葉は常に厳しく、時には激しく突き放す。
本当の親子だからこそ、「少しでも甘えてしまえば決して良いものは作れない、そして伝統は絶えてしまう」、そんな強い思いと信念を感じた。
しかし、仕事が終わると二人は屈託のない笑顔でたわいもない会話を始める。どこにでもある仲の良い父と子の姿だ。
懐かしく、温かい何かに触れた気がした。
この二人が作る和ろうそくの炎を見ると、懐かしく、温かく、そして優しさを感じる理由がここにあった。