『明日への扉〜あすとび〜』アットホームオリジナル動画コンテンツ

#007 和紙職人 川原 隆邦

和紙職人

Washi-Shokunin

川原 隆邦

Kawahara Takakuni

プロフィール

1981年富山県生まれ

幼い頃、千葉県に転居。高校卒業後、両親とともに故郷の富山県に戻る。プロサッカー選手を目指しJFL(日本フットボールリーグ)で活躍するも、22歳の時にケガで断念。そんな折、「蛭谷和紙」の後継者がなく、伝統が途絶そうになっていることを知る。故郷に根付いた伝統を守りたいとの想いから、蛭谷和紙最後の職人・米丘寅吉氏に弟子入りを志願した。そして昨年春、師匠米丘氏が他界。その後は、たった一人で伝統を守り続けている。

蛭谷(びるだん)和紙職人の仕事

蛭谷和紙の特徴は、昔ながらの技法を忠実に守り続けていることにある。原料の栽培から紙漉き(かみすき)まで、全ての工程を職人自らが行うのである。

蛭谷和紙作りは四季折々の自然とともにある。
春、畑に『トロロアオイ』の種を蒔く。
夏、里山で薪を採りながら、トロロアオイの畑を手入れし、紙漉きに必要な「根」の部分を大切に育てる。
秋、里山に自生する『楮(コウゾ)』を採りにいく。そして、伐採した楮を蒸して軟らかくし、皮を剥ぐ。皮の内側にある白い部分のみが和紙の原料となるため、表面の皮を丁寧に削り取り、腐らないよう天日で干す。こうして半年以上かけて準備した自然の恵みが、冬の紙漉きを経て蛭谷和紙となる。
冬、紙漉きは厳しい寒さの中で行われる。まず紙の繊維となる楮を水につけ、半日ほど煮る。この時、薪を燃やして作った灰汁を混ぜることで、柔らく丈夫な繊維になる。これを水洗いし、木槌でひたすら叩き繊維を細かくほぐしていく。
次は紙漉き。ほぐした繊維を水の中で前後左右にと動かすことで和紙を形作っていく。この時、トロロアオイの根から出る粘液を加える。トロロアオイの粘液が楮の繊維をまんべんなく水中に分散させ、繊維量のバランスが取れた美しい紙に仕上がる。
そして、紙に重しを乗せ数時間かけて水分を搾り出していく。
最後に、一枚一枚丁寧にはがし、熱した板に張り付け、シワを伸ばし、水分を蒸発させて完成となる。

里山と寄り添いながらの和紙作り。400年もの間、先人たちが守り続けてきた知恵と技術を、たった一人となった若き職人が後世へと受け継いでいる。

蛭谷和紙(びるだんわし)とは…

「蛭谷和紙」は、富山県内の「八尾和紙」、「五箇山和紙」とともに『越中和紙』と総称され、国の伝統工芸品に認定されている。400年近い伝統があると言われ、かつては100軒余りの工房があった。しかし、紙の需要の変化に伴い、紙を漉く職人が減少、現在はたった一軒(一人)となっている。
天然の材料で丁寧に漉き上げた蛭谷和紙は、1,000年以上保存できると言われるほどの優れた耐久性と、強靭かつ柔らかな特性が際立つ。そして蛭谷和紙の最大の特徴は、何といっても完成までの道程にある。材料となるトロロアオイを育てることから紙漉きまで、全ての工程を昔ながらの手作業で行う和紙の産地は、今やほとんどない。