住みタイム 東京都豊島区|新築マンション・分譲マンションをカンタン検索。新築分譲マンション情報や不動産物件購入ならアットホーム 新築マンションPLEASE

住みタイム 東京都豊島区の情報です。新築マンション・分譲マンションを購入するなら、アットホーム 新築マンションPLEASEへ。住みタイム 東京都豊島区のマンションを網羅した豊富な物件情報を、探しやすい検索軸とビジュアル重視のページでわかりやすくご紹介。新築分譲マンションで大人気のタワーマンションや低層マンションなどの高級マンションも多数取り揃えています。新しいマンションを買うなら不動産物件情報サイトのアットホーム 新築マンションPLEASEへおまかせください。

住みタイム
東京都豊島区

1日の乗降客数が世界トップクラスのターミナル駅、池袋を有し、人口密度全国1位の東京都豊島区は、常に多くの人々で賑わっています。2015年5月には、全国初の高層階にマンションを併設した新庁舎がオープン。建築家の隈研吾氏らがデザインした新庁舎の誕生が、「国際アート・カルチャー都市」を目指す、新たな東京都豊島区の幕開けを予感させます。

東京三大副都心の一つに数えられる池袋、“おばあちゃんの原宿”といわれる巣鴨、マンガの聖地として親しまれるトキワ荘のあった南長崎…とさまざまな顏を持つ東京都豊島区。そこには、多くの人々を引き寄せるエネルギーがあるようです。
※掲載している情報は、2016年7月15日時点の情報です。

Morning

エネルギーにあふれる街で
朝の元気をもらう

新宿、渋谷と並ぶ三大副都心のひとつである池袋はもちろん、立教大学や学習院大学など大学も多い東京都豊島区は、朝から学生やサラリーマンなど多くの人が忙しく行き交います。

もうひとつ、東京都豊島区には朝から多くの人で賑わう場所があります。それが、巣鴨地蔵通り商店街。江戸時代、日本橋を出発し、中山道を通る際、江戸六地蔵尊 眞性寺から巣鴨庚申塚の間に最初の休憩所が点在していたのが始まりだそうです。いまでも、甘味処や食料品店、年配の方向けの衣料品店など、小さなお店がぎっしりと軒を連ね、古き良き日本の風景を残しています。

その巣鴨地蔵通り商店街を歩いていると、よく目に入るのが“健康”の二文字。健康にいいとされる有名な赤いパンツをはじめ、食料品店や靴屋など、さまざまなジャンルのお店で健康にいいという商品が売られています。さすがは“おばあちゃんの原宿”です。歩いている人たちは皆イキイキとしていて、店先で見かける笑顔を見ているだけでも、元気をもらえる気がしてきます。

巣鴨地蔵通り商店街のなかほどにあるのが、「とげぬき地蔵尊」の名で親しまれる高岩寺。1891(明治24)年に上野からこの地へ高岩寺が移転し、眞性寺の江戸六地蔵とともに「おじぞうさまの町」としてますます栄えています。高岩寺の本尊は、小さな霊印にあらわれた延命地蔵菩薩の尊像です。この尊像を写しとった護符が、本堂で授与されている御影(おみかげ・おすがた)です。江戸時代、縫い針を誤飲した女性が御影をのんだところ、針が尊影を貫いて出てきたのが「とげぬき」の始まり。体の悪いところに貼ったり、日ごろ携帯してもご利益があるとされています。平日の午前中でも参拝客は後を絶たず、健康長寿を願って訪れる人は年間800万人にものぼるそうです。参道には露店が並び、賑やかな雰囲気。毎月4のつく日は縁日で、商店街にもたくさんの露店が並びます。高岩寺は歴史あるお寺ながら、親しみやすく、日々の暮らしのすぐそばにあるように感じます。多くの人が足繁く通う理由は、そこにもあるのでしょう。

参拝を済ませ、山門を出ると、大きなこけしの灯籠が目に入ります。高岩寺の隣に併設された入場無料の信徒会館です。中に入ってみると、大小さまざまなこけしと木彫りの仏像が並んでいます。命を大切にする高岩寺だからこそ、東北復興支援のために伝統こけしの展示を始めたのだとか。同じこけしでも地方によって表情やデザインがまるで違い、じっくり眺めていても飽きることがありません。一方、木彫りの仏像は、高岩寺の仏像彫刻教室に通う生徒さんの作品です。なかには仏師さながらの完成度のものも。一心に木と対峙してほとけをつくる。そんな有意義な時間をぜひ一度、体験してみたいものです。

10:00

  • 巣鴨地蔵通り商店街
  • 巣鴨地蔵通り商店街
巣鴨地蔵通り商店街
東京都豊島区巣鴨

11:00

  • 高岩寺
  • 高岩寺
高岩寺
東京都豊島区巣鴨3-35-2
開門時間:6:00~17:00
Daytime

全国から多くの人が集まる
名スポットの宝庫

まぶしいくらいの日差しに気持ちがあがる午後は、より空の近くで遊んでみましょう。

目指すは、高層ビルの中、地上40mに位置する珍しい水族館、サンシャイン水族館です。コンセプトは“天空のオアシス”。空に浮かんでいるかのような水槽「サンシャインアクアリング」では、アシカが空を飛ぶように泳いでいます。青空のすぐ下で、水辺の涼しさを感じながら、のびのびと過ごすアシカたちを見ていると、地上での忙しない日々のことも忘れてしまいます。ほかにもペンギンやペリカンなど、人気者がたくさん。パフォーマンスタイムでは、お茶目な生物たちの姿に拍手と笑いが絶えません。

サンシャイン水族館があるサンシャインシティには、ほかにも「ジャンプ」の世界観を楽しめるテーマパーク、J-WORLD TOKYOや、楽しい仕掛けやアトラクションで遊べるナンジャタウン、最新鋭の設備を備えたプラネタリウムなど、アミューズメント施設が多数。一日中、遊んでいられるサンシャインシティは、全国から多くの人が訪れ、池袋のランドマークになっています。

それらアミューズメント施設が注目されがちですが、実はサンシャイン60展望台は、高層ビルの展望台の高さとしては、都内一。東京タワーよりも高い位置から都内を見渡せ、特に夜景は絶好のデートスポットなのです。ほかにも、オフィスやホテル、飲食店や専門店街など、サンシャインシティには何でも揃っているため、観光客だけでなく、地域住民にとっても日々の暮らしになくてはならない存在になっています。

東京都豊島区には、全国から多くの人が訪れる場所が、まだあります。“マンガの聖地”トキワ荘があった南長崎エリアです。手塚治虫、赤塚不二夫、藤子不二雄、石ノ森章太郎など日本を代表する名だたる漫画家が青春時代を過ごしたというトキワ荘。創造の現場付近を訪れてみると、意外にも細い道に住宅がぎっしりと連なる静かな住宅地で驚かされます。「トキワ荘のヒーローたち」の記念碑が立てられている、トキワ荘跡地近くの南長崎花咲公園を訪れてみました。木々の緑が気持ちいい広々とした公園には、ベンチに座った飼い主のそばに大型犬が寝そべり、のどかな光景を作っています。ライバルであり同志であった漫画家たちが、締切に追われ、バタバタと切磋琢磨しているイメージとはまるで真逆。でも、もしかしたら、こののどかな光景が、彼らの心を癒やしていたからこそ、歴史に残る名作が生まれたのかもしれません。

そんな想像を巡らせながら、静かな住宅地を歩いていると、懐かしい和風建築の建物が見えてきます。ここは、トキワ荘ゆかりの展示やマンガの閲覧ができる休憩・案内施設、豊島区トキワ荘通りお休み処。歩き疲れた体を休めながらマンガを読めるのもうれしいですが、ここに来たらぜひ2階へ。トキワ荘の兄貴分、寺田ヒロオの四畳半部屋が再現されています。この狭い部屋に大きな夢とやる気が詰まっていたかと思うと、自分自身も奮い立つようです。また、電気スタンドや腕時計など、トキワ荘の住人が使っていた調度品を見ることもできます。

12:00

  • サンシャイン水族館
  • サンシャイン水族館
サンシャイン水族館
東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル屋上
営業時間:10:00~20:00(11月~3月は~18:00)※最終入館は閉館の1時間前
入場料:大人2,000円
定休日:無休

14:00

  • サンシャインシティ
  • サンシャインシティ
サンシャインシティ
東京都豊島区東池袋3-1
営業時間、定休日:施設によって異なる

15:00

  • 南長崎花咲公園
  • 南長崎花咲公園
南長崎花咲公園
東京都豊島区南長崎3-9-22
園内自由

16:00

  • 豊島区トキワ荘通りお休み処
  • 豊島区トキワ荘通りお休み処
豊島区トキワ荘通りお休み処
東京都豊島区南長崎2-3-2
開館時間:10:00~18:00(最終入館17:30)
入館料:無料※企画展観覧のみ有料の場合あり
定休日:月曜(祝日の場合は、翌火曜休み)
Night

人々のエネルギーであふれる
新たな文化の発信地

後世に多大な影響を与えた偉大な漫画家たちを輩出したトキワ荘、大正の終わりから昭和のはじめまで多数のアトリエ村が存在し芸術家たちが暮らしていたという池袋モンパルナス…。文化・芸術を生み出してきた東京都豊島区の遺伝子は現在も受け継がれています。

池袋西口を出ると目に飛び込んでくる近代的な建物、東京芸術劇場もそのひとつ。オーケストラの演奏に適したコンサートホール、演劇やミュージカルが行われるプレイハウス、小劇場規模のシアターイースト、シアターウエスト、アート作品などを展示する複数のギャラリーとアトリエからなる複合芸術文化施設です。平日の夕方になると足早に公演へと向かう人々で賑わいを呈します。芸術監督を務めるのは、日本を代表する劇作家・演出家の野田秀樹氏。新たな創造、発信を期待させてくれます。

東京芸術劇場を訪れる人々の目的は、芸術鑑賞だけではありません。ここには、カフェやレストランなどの飲食店のほか、日本で唯一の劇場施設内にある郵便局、東京芸術劇場郵便局もあります。芸術と日常の暮らしがすぐそばにある--。カルチャー都市、池袋ならではの光景でしょう。

さらに新しいカルチャーの発信地として注目を集めているのが、2014年秋に池袋P'PARCOに移転してきたニコニコ本社です。池袋PARCOは、常に若者文化を牽引してきたPARCOの第1号店であり、本店。その別館の池袋P'PARCOに、いまや若者文化を代表するニコニコ本社が入るのは、必然のことのようにも思えます。

ニコニコの公開生放送が行われるニコぶくろスタジオに、ほぼ毎日イベントが開催されるイベントスペースをはじめ、食事ができるnicocafeにも遊び心がたっぷり。メニューにはパスタやスイーツと並び、誰もが一度は憧れたマンガ肉やご飯だらけのライス定食など、思わずニヤリとしてしまうものも。さらに、生放送バーカウンターでは、放送中にネットから差し入れができる「あちらのお客様からシステム」を備え、ユーモアあふれるメニューが用意されています。新しい大人のための遊び場は、刺激と笑いに満ちた空間でした。

同じく2014年秋に誕生したWACCA IKEBUKUROも、大人が通いたくなる施設として、池袋の定番スポットになりつつあります。ファッションやグルメ、家具や雑貨がそろうほか、手芸専門店のユザワヤやヤマハの音楽教室も入っており、日々の暮らしを豊かにしてくれるテナントが勢ぞろい。特に、季節に合わせた “食”のイベントや料理教室を開催しているキッチンスタジオLupeでは、食べることを通じて、人の輪を広げ、興味の幅を広げてくれます。毎日の生活から創造的に…。WACCAでは、そのヒントが見つけられます。

どこへ行ってもたくさんの人で賑わっている東京都豊島区。それぞれのエリアで街が見せる表情はまったく違うけれど、どこも人々のエネルギーが満ちあふれ、元気をもらえる街でした。

18:00

  • 東京芸術劇場
  • 東京芸術劇場
東京芸術劇場
東京都豊島区西池袋1-8-1

19:00

  • ニコニコ本社
  • ニコニコ本社
ニコニコ本社
東京都豊島区東池袋1-50-35 池袋P’PARCO B1・B2F
営業時間:11:00~21:00(カフェLO フード20:15、ドリンク20:30)
定休日:無休

20:00

  • WACCA IKEBUKURO
  • WACCA IKEBUKURO
WACCA IKEBUKURO
東京都豊島区東池袋1-8-1
営業時間:ショッピングフロア11:00~21:00、レストランフロア11:00~23:00
休み:1月1、2日
Information

東京都豊島区の暮らし情報

交通
JR2路線、東京メトロ4路線、都営地下鉄、都電荒川線、東武鉄道、西武鉄道と多くの路線が東京都豊島区内をくまなく走っています。特に多くの路線が乗り入れている巨大ターミナルの池袋駅は、1日の乗降客数が世界2位となっています。
買い物・散歩
池袋駅には西武百貨店、東武百貨店がそれぞれ直結。池袋パルコなどの商業施設のほか、ジュンク堂書店池袋本店などの専門店も多く、買い物には事欠きません。一方で、巣鴨、目白、大塚などでは昔ながらの商店街が充実。また、歴史あるスポットが多い雑司ヶ谷や、西池袋~目白のアートをめぐる散歩など、街歩きが楽しめます。
医療・健康
総合病院が各エリアに点在。約430名の医師から構成される豊島区医師会では、救急医療や休日診療などのほか、かかりつけ医推進事業、在宅難病訪問診療事業、介護保険活動、健康スポーツ医活動などを行っています。
子育て・教育
育児を応援する行政サービスガイドのサイト、ママフレを開設しているほか、子育て情報ハンドブックを提供するなど、子育てを支援。子育て世代である20~30歳代を主体とする「としまF1会議」を立ち上げ、女性が暮らしやすいまちづくりを推進。また「教育都市としま」を実現するため、小学1年生から英語教育を実施するなど独自のカリキュラムを推進。学習院大学、立教大学など東京都豊島区内の大学と連携した教育活動も行っています。
コミュニティ
安全・安心まちづくりの国際認証制度であるセーフコミュニティを都内で初めて取得。地域のコミュニティや絆を広げながら、生活の安全と健康の質を高めていくまちづくり活動を行っています。また、公益財団法人としま未来文化財団では「文化による地域づくり・人づくり」を目指し、文化施設の運営やイベント・講座の開催など活動を行っています。
イベント・行事
大塚阿波おどりやふくろ祭りなど、夏から秋にかけては各地でお祭りを開催。巣鴨朝顔市やすがも中山道菊まつりには全国から多くの人が集まります。また、2015年から東京都豊島区の新庁舎を舞台に、国内外から作品を公募する世界規模の公募美術展、アートオリンピアが2年に1度開催されています。

アットホームで住みタイム 東京都豊島区から新築マンション物件探し!住みタイム 東京都豊島区から新築分譲マンションを検索するなら不動産検索情報サイトのアットホーム 新築マンションPLEASE。豊富な物件の中から住みたい新築マンションを、通勤時間・専有面積・間取りなど様々な条件で絞込み、簡単に比較ができるため、あなたにぴったりな物件をスピーディに見つけることができます。広々としたワンルームマンションやメゾネットタイプの分譲マンションなど人気の物件を多数取り揃えています。一戸建てでは実現不可能な眺望や中古マンションでは実現出来ない最新設備を新築マンションなら実現することが出来ます。マンションを購入し新しい生活を送るならアットホーム 新築マンションPLEASEにお任せください。