住みタイム 東京都府中市

アットホーム 新築マンションPLEASEの住みタイム 東京都府中市のページです。東京都府中市の街を網羅した豊富な街情報をビジュアル重視のページでわかりやすくご紹介します。アットホーム 新築マンションPLEASEでは、ひとり暮らしやDINKS向けのコンパクトマンションからファミリーにおすすめな大規模マンション、おしゃれな高級マンション、タワー・低層マンションなど幅広い物件情報を掲載しています。東京都府中市で人気の新築分譲マンションをお探しの方は、こまめに物件の情報をチェックすることをおすすめいたします。新しいマンションの情報をいち早く受け取りたい方は、新着お知らせメールをご登録ください。アットホーム 新築マンションPLEASEはあなたの物件探しをサポートいたします。

住みタイム
東京都府中市

新宿駅から京王線特急で約20分と、都心までのアクセスの良さで人気の東京都府中市は、大きく分けてふたつの顔を持っています。大型商業施設や飲食店が建ち並ぶ華やかな駅前と、少し駅から離れた地域に広がる緑地帯・河川敷ののどかな顔です。快適で落ち着いた生活を送り、子どもを育てるのにも適した環境が整った東京都府中市を紹介します。

江戸時代に甲州街道の宿場街として栄えた東京都府中市は、伝統ある寺社や豊かな自然を数多く残しています。また、約25万人が暮らす街として発展を遂げており、ショッピングや食事に事欠かない利便性の高さも魅力です。そんな府中の伝統と革新を体験する一日を過ごしてみましょう。
※掲載している情報は、2017年6月27日時点の情報です。

Morning

心地よい活気に元気をもらい、
凛とした静寂に背筋を伸ばす朝

朝の光を水面に輝かせる多摩川、その脇にあるサイクリングロードを走る人、のんびりと犬の散歩をする人々の姿。東京都府中市の一日は健やかに、そしてアクティブに幕を開けます。多摩川沿いを散歩したその足で、まずは「大東京綜合卸売センター」へ行ってみましょう。

“綜合卸売”の名の通り、ここは魚や肉、青果、惣菜から日用品・雑貨まで、約70店舗の卸問屋が集まる市場。東京都府中市内にはスーパーマーケットが数多くありますが、新鮮で安全な品を、より安く手に入れるならこの“府中の台所”がおすすめです。早いお店でオープンは朝の5時。飲食店の経営者をはじめとする業者、近隣の住民らで場内は活気にあふれ、店主の威勢のいい呼び込みの声があちこちから聞こえてきます。場内にはまぐろ丼が人気の「のんしゃらん食堂」をはじめ、飲食店もあり、心地よい活気に身を置きながら、新鮮食材を使った朝ご飯をいただきましょう。

活気あふれる朝の顔とは別に、府中には静寂な時を過ごせるスポットもあります。その代表格が、東京五社のひとつに数えられる「大國魂神社」。創建から数えて1900年もの間、武蔵国の守り神としてこの地を見守り続けてきた由緒ある神社です。緑に包まれた静かな参道を抜け、荘厳な本殿の前で手を合わせれば、悠久の時の流れに心が安らぎ、凛とした気持ちになることでしょう。

一方、毎月のように行われる行事・お祭りもこの神社の見どころ。7日間にわたって行われる5月初旬の「くらやみ祭」をはじめ、力士や著名人が参加する2月の「節分祭」、例年50万人の参拝客が訪れる1月の「初詣」など、行事ごとに出店が立ち、街が大変なにぎわいを見せます。こうした行事を通して地域住民同士のつながりも深まり、「大國魂神社」は“府中の交流の場”としても親しまれています。

もう少しだけ、静寂の中で過去や歴史に想いを馳せてみましょう。向かった先は「多磨霊園」。128万㎡の敷地に多くの人が安らかに眠るこの墓地は、歴史的偉人や著名人が埋葬されていることで知られています。入り口で配布されている案内マップを広げてみると、江戸川乱歩、長谷川町子、向田邦子、らの墓所の位置が記されています。ひときわ目を引くのが、子どもが頬杖をついているような形の岡本太郎の墓石。自らの死さえもひとつの作品に昇華させる芸術家の魂に触れれば、芸術作品に対する知的好奇心がむくむくと芽生えてくるでしょう。

7:00

  • 大東京綜合卸売センター
  • 大東京綜合卸売センター
大東京綜合卸売センター
東京都府中市矢崎町4-1
営業時間:5:00~17:00(店舗により異なる。午前のみ営業の店舗多数)
休み:日曜、祝日、水曜(不定期)

9:00

  • 大國魂神社
  • 大國魂神社
大國魂神社
東京都府中市宮町3-1

11:00

  • 多磨霊園
多磨霊園
東京都府中市多磨町4-628
Daytime

子どものように夜空を見上げ、
大人の愉しみを満喫する昼下がり

小腹が空いてきたところで、ランチを求めて西武多摩川線多磨駅へやってきました。小ぢんまりとした商店が並ぶ駅前を歩いていると、オープンテラス付きのベーカリー「テール・ヴィヴァン」を発見!食欲をそそるパンの香りが漂ってきます。店内の奥には、ていねいにパンを焼く職人さんたちの姿。温度・湿度にこだわり抜いた工房から、彩り豊かな惣菜パンや菓子パンが生み出されます。見ているだけで楽しくなる100種類もの商品から、ロースカツが入った大ぶりの「カツカレード―ナツ」、バターたっぷりの食パン「BTVブレッド」がマヨネーズとともに焼き上げられたシンプルな「マヨパン」を購入。パンを片手に、次のスポットへ出発です。

向かった先は「府中市郷土の森博物館」。といっても、博物館でパンを食べるわけではありません。博物館のある園内が見事な自然に恵まれたスポットなのです。芝生広場に水車小屋、やすらぎの池、さらに江戸時代の民家も点在し、まるでタイムスリップしたかのような感覚に。ゆるやかに流れる時間に身を浸し、子どもたちがはしゃぐ水遊びの池の前に腰かけ、お待ちかねの「いただきまーす!」。おひさまの下で食べるランチは格別です。

ふと見ると、小学生のグループが「早く早く!」「こっちこっち」と楽しそうに博物館の方へ向かっていきます。あとを追って館内へ進むと、そこには国内最大級の規模を誇るプラネタリウムが。直系23mの巨大スクリーンに、夜空に輝く1万2千個の星々が映し出されます。四季折々の星座や惑星が現れるたび、「あっ!オリオン座だ。」と歓声をあげる子どもたちの輝く瞳を見ると、童心に返って時が経つのを忘れてしまいます。

夢中になって夜空を見上げた幼少時代を思い出した後は、たっぷり“大人の愉しみ”を満喫しようではありませんか! はやる気持ちを抑えて、いざ「サントリー武蔵野ビール工場」へ。1963年にサントリー初のビール工場として造られたこの工場では、「ザ・プレミアム・モルツ」などのビールがつくられています。今日は、事前に申し込んだ見学ツアーに参加。普段は見ることのできないビールの製造工程を見学し、素材やつくりのこだわり、徹底した衛生管理などを学んだ後は…本日2回目のお待ちかね、「ザ・プレミアム・モルツ」を3杯いただける試飲タイムです。乾き物のおつまみが付くのもうれしく、いつの間にかほろ酔い気分に。明るいうちに飲むビールは格別です。

12:00

  • テール・ヴィヴァン
  • テール・ヴィヴァン
テール・ヴィヴァン
東京都府中市朝日町2-31-1
営業時間:7:30~19:00
休み:月曜(祝日の場合翌日休)

13:00

  • 府中市郷土の森博物館
  • 府中市郷土の森博物館
府中市郷土の森博物館
東京都府中市南町6-32
開館時間:9:00~17:00(最終入場は16:00)
休み:月曜(祝日の場合翌日休)、年末年始

15:30

  • サントリー武蔵野ビール工場
  • サントリー武蔵野ビール工場
サントリー武蔵野ビール工場
東京都府中市矢崎町3-1
営業時間:9:30~17:00(要予約)
休み:年末年始、工場休業日
Night

街のにぎわいに抱かれ、
隠れ家的レストランで過ごす夜

多摩丘陵に陽が沈みかけると、「府中駅」がにわかに活気づきます。仕事を終えた会社員が駅から繁華街へ流れ、主婦たちも夕飯の買い出しにやってきます。そんな人々の多様なニーズに応えるかのように、駅の周りには大小さまざまな飲食店、「伊勢丹」「くるる」といった商業施設、スーパーマーケットなどが点在します。駅の南口は再開発地区に指定されていて、2017年の完成に向けて大規模な工事中。住居や商業施設の入った駅前ビルが建つ予定で、街にさらなる華やぎをもたらしてくれることでしょう。

さて、ディナーは少し駅から離れて、隠れ家的なレストランへ。駅の北側には閑静な住宅地が広がり、小さな飲食店がひっそりと点在します。お目当ては、本格イタリアンが味わえる「BOCCONCINO(ボッコンチーノ)」。扉を開けると、府中育ちの優しい店主が「いらっしゃい。」と笑顔で迎えてくれました。手作りピザも捨てがたいけれど、今夜は人気メニューの「ナスと生ベーコンのトマトソースパスタ」を注文。甘いトマトソースがナスと絡み合い、口の中に旨みが広がります。創業以来、約20年間変えていないというその味は、地元の人に愛され続けている証拠。ワインがするするとすすみ、楽しい時間はあっという間に過ぎて行きます。

にぎわいと静けさ、繁華街と自然、現代と歴史…。府中にはいくつもの顔が共存しています。その日の気分に合わせて、多種多彩な選択肢から一日の過ごし方を選ぶことができる。だからこそ、多くの人が暮らし、親しまれているのでしょう。

18:00

  • 府中駅
府中駅
東京都府中市宮町1-1-10

19:00

  • BOCCONCINO
  • BOCCONCINO
BOCCONCINO
東京都府中市天神町1-2-3
営業時間:ランチ 11:30~14:30(LO 14:00)/ディナー 17:00~21:00(LO 20:00)
休み:水曜、第3火曜
Information

東京都府中市の暮らし情報

交通
東京都府中市内を横断する京王線は新宿・八王子方面へ、縦断するJR南部線・武蔵野線は神奈川方面・埼玉方面へつながり、近県へのアクセスが便利です。自動車も同様に、市内を東西に甲州街道が、南北に府中街道が走り、中央自動車道の府中スマートインターチェンジも利用できます。
買い物・散歩
「伊勢丹」「くるる」などの大型商業施設が府中駅周辺に集まり、駅構内にも「京王ストア」「京王アートマン」などのショッピング施設があります。また、東京都府中市南部の多摩川や「郷土の森公園」、北部の「多磨霊園」「府中の森公園」など大きな自然スポットに加え、約350カ所の公園があります。
医療・健康
各専門の診察・治療が受けられる東京都立多摩総合医療センターのほか、6カ所の病院で救急体制が整備されています。保健センターでは人間ドックへの助成制度も進んでいるほか、ボランティアによる環境・衛生面の活動も行われています。
子育て・教育
ウェブサイト「Fu-CHUふちゅうこそだてサイト ふわっと」、子育て情報誌「子育てのたまて箱」を通じた子育て情報の発信が盛んで、子ども預かりサービスも充実。また、市内にある13の図書館は、全国屈指の蔵書数を誇り、子どもの学びの場になっています。
コミュニティ
約400の自治会・町会が環境美化や防災、安全運動に取り組んでいます。11カ所ある文化センターで催される地域イベント、「大國魂神社」のお祭り・行事などは、地域住民の交流の場となっています。また、今後の街づくりを担うコミュニティビジネスを行政が支援し、地域活性化を推進中です。
イベント・行事
くらやみ祭、酉の市、初詣など、「大國魂神社」の年間行事は市内外からの多くの観光客でにぎわいます。また、夏にけやき並木通りで開催されるけやきフェスタでは、市民がチームに分かれ、よさこいを踊ります。

アットホーム 新築マンションPLEASEで住みタイム 東京都府中市のページをご覧いただき誠にありがとうございます。ご希望の新築マンション・分譲マンションは見つかりましたでしょうか。一戸建てでは難しい良好な眺望や中古マンションにはない最新設備を使った快適な暮らしが新築分譲マンションでは実現可能です。住みタイム 東京都府中市でご希望にあった物件をワンルームマンションやメゾネットタイプなどお好きな条件でお探しください。あなたのライフスタイルにあった不動産情報を見つけることが出来ます。マンションを購入し新しい生活を送るならアットホーム 新築マンションPLEASEにお任せください。