住みタイム 東京都東村山市

アットホーム 新築マンションPLEASEの住みタイム 東京都東村山市のページです。東京都東村山市の街を網羅した豊富な街情報をビジュアル重視のページでわかりやすくご紹介します。アットホーム 新築マンションPLEASEでは、ひとり暮らしやDINKS向けのコンパクトマンションからファミリーにおすすめな大規模マンション、おしゃれな高級マンション、タワー・低層マンションなど幅広い物件情報を掲載しています。東京都東村山市で人気の新築分譲マンションをお探しの方は、こまめに物件の情報をチェックすることをおすすめいたします。新しいマンションの情報をいち早く受け取りたい方は、新着お知らせメールをご登録ください。アットホーム 新築マンションPLEASEはあなたの物件探しをサポートいたします。

住みタイム
東京都東村山市

東京都の北西部、武蔵野台地のほぼ中央に位置する東京都東村山市。急行を使えば新宿まで約30分というアクセスのよさから、ベッドタウンとして人気な街のひとつです。東京都東村山市内のあちこちに、武蔵野の面影を感じさせる森林や田園風景が残されていて、どことなくのどかな雰囲気が漂っています。時間がゆっくり流れているようなこの街の魅力をご紹介します。

豊かな自然に恵まれた東京都東村山市には、縄文時代の遺跡や国宝のあるお寺など、街の歴史を感じさせる風景がたくさん残されています。懐かしさを感じさせる風景の数々は、映画やアニメの舞台に選ばれたことも。東京都東村山市で過ごす1日を体験してみましょう。
※掲載している情報は、2016年5月11日時点の情報です。

Morning

東村山の自然と歴史をめぐる
朝の散歩でリフレッシュ

西武新宿駅から急行で約30分。埼玉県との県境に位置する東京都東村山市には、東京都内ながら豊かな自然が残されたスポットが数多くあります。

まず向かったのは、花菖蒲の名所として知られる「北山公園」です。総面積約5.3ヘクタールにもおよぶ園内には、300種類8千株10万本もの花菖蒲が植えられています。毎年初夏には満開に咲く花菖蒲を前に「東村山菖蒲まつり」が開催され、模擬店や写真コンテストが行われ、大勢の人が訪れるのだとか。さまざまな色の花菖蒲が咲き乱れるさまは、思わず目がくらむほど美しい光景で、つい誰かに話したくなってしまいます。東京都東村山市に住む人たちにとって自慢の1つです。

「北山公園」のすぐ近くに、もう1つ自然に恵まれたスポットがあります。映画「となりのトトロ」の舞台のモデルになったとも言われている「都立八国山緑地」です。狭山丘陵の東端にあるこの緑地は、園内全体がコナラやクヌギなどの雑木林になっていて、季節ごとの花を楽しんだり、バードウォッチングをしたりできます。武蔵野の面影を残す雑木林は、まるで映画の世界に迷い込んだかのよう。今にも木陰からトトロが現れそうな雰囲気に、都会の喧噪を忘れてのんびりしてしまいました。

今も豊かな自然が残る東京都東村山市ですが、地方と都市を結ぶ通り道として古代からさまざまな人や物が往来してきました。そんな道としての歴史に焦点を当てた展示をしているのが、「東村山ふるさと歴史館」です。7世紀後半に通った東山道武蔵路や明治に開通した川越鉄道など、時代ごとに道の歴史を紹介した展示は、東京の北西に位置するこの市がいかに便利な立地にあるかということを物語っています。それは、現在の新青梅街道や所沢街道などの4つの街道や、ベッドタウンとして人気な姿にも続いているのでしょう。

9:00

  • 北山公園
  • 北山公園
北山公園
東京都東村山市野口町3・4丁目
園内自由

10:00

  • 都立八国山緑地
  • 都立八国山緑地
都立八国山緑地
東京都東村山市諏訪町2・3丁目、多摩湖町4丁目
園内自由

11:00

  • 東村山ふるさと歴史館
  • 東村山ふるさと歴史館
東村山ふるさと歴史館
東京都東村山市諏訪町1-6-3
開館時間:9:30~17:00(最終入場 16:30)
休館日:月・火曜(祝・祭日の場合は開館し、翌平日振替休館)
入館料:無料
Daytime

地元グルメを堪能したあとは
図書館と洋館見学でまったり

お腹が減ってきたので、そろそろランチにしましょう。武蔵野うどんの名店が多いことでも知られる東京都東村山市。この日は香川県の讃岐うどんを150店近く食べ歩いた店主が営む「野口製麺所」へ。店内には、讃岐うどんと武蔵野うどんのいいところを合わせた、店主独自のメニューがところ狭しと貼られています。その中から讃岐うどんの製法で打った麺と、武蔵野うどん特有の温かい肉汁を組み合わせた「東村山地粉肉汁うどん(800円)」をいただくことに。野菜と豚肉がたっぷり入ったつけ汁のいい香りが食欲をそそります。コシのある太麺との相性もよく、一杯なんてペロリ。生まれも育ちも東村山という店主の間野さんによると、「肉汁うどんは、東村山産の小麦粉と野菜を使っています。地産地消を合い言葉に、地元農家と助け合いながら、自分たちの力で地元をもっと元気にするのが夢なんです!」とのこと。「香川のうどん屋には、サイドメニューをお客さんが自分で取れるようにしているお店がたくさんあって、うちもそれを真似ておでんや天ぷらを置いています。ゆで上がるまで10分近くかかってしまうので、その間に食べてくれる人が多くて、たまにうどんを出す前にお腹いっぱいになっている人もいますよ(笑)。」うどんと地元への愛情いっぱいのお店に、心もお腹もほっとするひとときでした。

お腹も満たされたところで、再び散策へ。お隣の久米川駅に変わったスポットがあると聞いたので、のぞいてみます。駅から歩いて約15分。マンションが建ち並ぶ団地の一画に、西武線の黄色の車体が置かれています。実はこの電車、東村山市に図書館がなかった昭和42年に廃棄車両をもらい受け、公団の自治会が中心となり「くめがわ電車図書館」として開館したもの。現在の車体は、平成13年に設置された二代目で、今も地域のボランティアの人たちによって運営されています。車内には、絵本や児童書を中心に約5,000冊の子ども向けの本が収蔵されています。本の貸出以外にも、絵本の読み聞かせや大人向けの読書会などのイベントも開かれているのだとか。今日も車内は、絵本を手に車内で自由にくつろぐ子どもたちでいっぱい。こんなワクワクさせてくれる図書館があったら、自然と読書好きになりそうです。

図書館を出て、小川駅方面に歩いていると、通り沿いにオシャレな洋館が見えてきました。その歴史は、なんと明治時代にまで遡るのだとか。かつて明治学院で教鞭をとっていたA.K.ライシャワー博士(E.O.ライシャワー元駐日大使の父)が住んでいた家を、1965年に港区白金から明治学院中学校・東村山高等学校の敷地内に移築したという「ライシャワー館」。白い壁に赤い屋根、まるで海外のような雰囲気にしばし見いってしまいます。現在も会議室として使用されているそうです。

12:00

  • 野口製麺所
  • 野口製麺所
野口製麺所
東京都東村山市野口町4-46-1
営業時間:平日・祝日 11:00~15:00 土・日曜11:00~15:00、18:00~20:30
定休日:月曜(祝日の場合は営業)

14:00

  • くめがわ電車図書館
くめがわ電車図書館
東京都東村山市美住町1-4-1
開館時間:水曜10:00~12:00、14:00~16:30 土曜14:00~16:30
休館日:水・土曜以外(水・土曜が祝日または振替休日の場合は休み)

15:00

  • ライシャワー館
ライシャワー館
東京都東村山市富士見町1-12-3(明治学院中学校・東村山高等学校敷地内)
※校内からの見学(外観のみ)には事前連絡の上、学校の許可が必要。
Night

老舗蔵元で地元愛を学び
東村山の夜はふける

東京都東村山市には、東京では珍しい日本酒の蔵元があります。昭和10年創業の「豊島屋酒造」です。創業以来、約80年にわたって、この地で日本酒を作り続けています。最近は、日本酒の製造・販売だけでなく、希望者には酒蔵の見学ツアーも実施しているそう。「酒蔵見学には、地元だけでなく、全国からいろんな人が来てくれます。たまに海外からのお客さんもいますよ。2015年11月には新酒の販売・試飲会に合わせて、飲食店の出店やDJブース、映画の上映をする『豊島屋フェスタ2015』というイベントを行いました。普段酒蔵見学に来ないような若い世代も来てくれて、日本酒ファン以外にも酒蔵を知ってもらえるいい機会になりました。イベントをきっかけに豊島屋酒造だけでなく、東村山市のことも知ってもらえたら。」そう語るのは、四代目の田中孝治さん。蔵の中を見せてもらうと、一歩踏み入れた瞬間からフルーツのような芳醇な香りに包まれます。伝統を大切にしながらも、新たなことにチャレンジする姿勢に、東京都東村山市の明るい未来を感じました。

暗くなってきたので、そろそろ帰路へ。仕事や学校帰りの人が多いこの時間、東村山駅には家族の帰りを待つ人の姿がチラホラ。その光景を見守るかのように、駅前には大きなけやきの木が3本並んでいます。「志村けんの木」と呼ばれるこれらの木は、東京都東村山市の名前を全国に広めた志村けんの功績をたたえて、昭和51年に駅前に植えられたもので、東村山市民にとってはおなじみの木。堂々とした姿は、まるで東村山に住む人を優しく見守ってくれているようです。夜疲れて帰ってきても、このけやきの姿を見たらほっと安心できるでしょう。

東京都東村山市には、昔ながらの田園風景が残っている一方で、「野口製麺所」や「豊島屋酒造」など、街を盛り上げようと新しい取り組みに挑戦するお店もたくさんありました。地元の人に愛されて、これからどんどん元気な街として発展していく姿が目に浮かびます。

17:00

  • 豊島屋酒造株式会社
  • 豊島屋酒造株式会社
豊島屋酒造株式会社
東京都東村山市久米川町3-14-10
※蔵見学は事前連絡が必要。

19:00

  • 志村けんの木
  • 志村けんの木
志村けんの木
東京都東村山市本町2丁目付近
Information

東京都東村山市の暮らし情報

交通
西武新宿線の東村山駅をはじめ、西武線各線の8つの駅とJR武蔵野線新秋津駅が利用可能。また、コミュニティバス「グリーンバス」や西武バスなど、東京都東村山市内各所をバス路線が通っていて、車を持たない人でも東京都東村山市内を楽に移動することができます。
買い物・散歩
東京都東村山市内には17の商店街があり、商店街ごとに納涼祭や収穫祭など、季節に応じたイベントの開催も活発です。また、「八国山緑地」や「狭山自然公園」など、広大で緑豊かな公園も多数。のびのびとした雰囲気は、散策スポットに事欠きません。
医療・健康
多摩北部医療センターや新山手病院、東京白十字病院など、大きな総合病院が揃っています。東京都東村山市内10ヵ所の医療機関で実施している認知症相談会「物忘れ相談」や、地域ぐるみで高齢者や障がい者の見守りをする「地域みまもりネットワーク」など、高齢者が暮らしやすい街づくりのための取り組みを推進しています。
子育て・教育
子育て総合支援センター「ころころの森」では、自由に遊べる遊具があるプレイルームや、離乳食やお弁当を持参して食べることができるくつろぎスペースを解放しています。また、専門職員が子どもや保護者、妊娠中の方の個別相談に応じてくれる制度「ころころたまご」も実施。子どもにも保護者にも優しい環境が整っています。
コミュニティ
市民ステーション「サンパルネ」は、子どもから大人まで対象にした文化教室の開催や、マシンジム、市民ギャラリーの貸し出しなど、世代を超えて市民が交流できる場所です。地域ごとに設置されている自治会では、地域美化清掃が活発に行われています。
イベント・行事
毎年文化の日には、多摩地区で唯一の国宝建造物・千体地蔵堂がある正福寺で、地蔵堂の内部が一般公開される「地蔵まつり」を開催。2014年からは、音楽好きの住民が東京都東村山市内各所の公園や店舗で同日にライブを行う音楽イベント「まちジャム」など、新しいイベントもはじまり、盛り上がりをみせています。

アットホーム 新築マンションPLEASEで住みタイム 東京都東村山市のページをご覧いただき誠にありがとうございます。ご希望の新築マンション・分譲マンションは見つかりましたでしょうか。一戸建てでは難しい良好な眺望や中古マンションにはない最新設備を使った快適な暮らしが新築分譲マンションでは実現可能です。住みタイム 東京都東村山市でご希望にあった物件をワンルームマンションやメゾネットタイプなどお好きな条件でお探しください。あなたのライフスタイルにあった不動産情報を見つけることが出来ます。マンションを購入し新しい生活を送るならアットホーム 新築マンションPLEASEにお任せください。