住みタイム 神奈川県藤沢市|新築マンション・分譲マンションをカンタン検索。新築分譲マンション情報や不動産物件購入ならアットホーム 新築マンションPLEASE

住みタイム 神奈川県藤沢市の情報です。新築マンション・分譲マンションを購入するなら、アットホーム 新築マンションPLEASEへ。住みタイム 神奈川県藤沢市のマンションを網羅した豊富な物件情報を、探しやすい検索軸とビジュアル重視のページでわかりやすくご紹介。新築分譲マンションで大人気のタワーマンションや低層マンションなどの高級マンションも多数取り揃えています。新しいマンションを買うなら不動産物件情報サイトのアットホーム 新築マンションPLEASEへおまかせください。

住みタイム
神奈川県藤沢市

神奈川県藤沢市は、さんさんと太陽が降り注ぐ湘南の海や江の島など、多くの観光スポットがあるリゾートタウン。少し街を歩けば、都心まで通勤圏内とは思えないほどゆったりしたマイペースな空気が流れていることに気付きます。海と山と利便性を備えたこの環境で子育てをしたいと、引っ越してくる人も多いそう。そんな神奈川県藤沢市の魅力を見てみましょう。

神奈川県藤沢市南部には相模湾を望む絶景が広がり、中心部にはショッピングに便利な商業施設が多数、北に行けば緑豊かな山の風景がある神奈川県藤沢市。便利さを求めながらも、自然のリズムでゆっくりと子育てができる。そんなマイペースな暮らしの場所として、昔も今も、さまざまな人たちから支持を集めています。
※掲載している情報は、2016年7月15日時点の情報です。

Morning

毎日の朝の1コマに
湘南のさわやかな海時間を

海のある街で暮らしたい。そんな誰もが憧れる願いを叶えられる場所が、神奈川県藤沢市の南部にある鵠沼海岸周辺。住宅地と海岸までの距離がとても近く、早朝からサーフィンや釣りを楽しむ人たちが集まります。もちろん、ぼんやりと海を眺めたり、さらさらの砂の感触を楽しむように散歩する人の姿もちらほら。毎朝の何気ないシーンからも、街のみんなが湘南の海を慈しんでいることが伝わってきます。

そんな“海時間”に合わせて、この辺りでは朝早くから営業するお店が多いようです。午前9:00から自家焙煎コーヒーの香りが漂う小さなカフェ「7325 COFFEE」もその1つ。お店を営む亀井雄介さん、里美さんご夫婦は湘南の海が大好きで、2009年に引っ越してきたのだとか。
「僕らはもともとサーフィンが好きでしたから、海の近くにお店を持ちたかったんです。この辺りは鎌倉ほど観光地ではない代わりにゆったりとした雰囲気があるし、地元の商店街には自分たちの手で街を作ろうという活気があります。子育てもしやすいですよ」と、雄介さん。お店にはキッズスペースや授乳できる部屋もあり、ペット連れも利用可能。どんな人でも受け入れる、地域の人々の“オアシス”のような空間として愛されています。
仕事前の人たちのモーニングが終わると、次は子どもを幼稚園に送ったママさんたちがやってくる時間。静かな店内が一気に華やぎます。
「朝が早い分、夜も早いですよ。夕方にはお店を閉めて、子どもと海まで散歩に行くんです」そう話す雄介さんご自身も、お店を営みながらマイペースな藤沢ライフを満喫しているようです。

他にも、神奈川県藤沢市には“海”を感じるスポットがたくさん。湘南の海のシンボルでもある「江の島」は、朝早くからにぎわう観光地。シラスやソフトクリームののぼりがはためく坂道を上れば、遮るもののない大パノラマの絶景を楽しめます。
ファミリーからの人気が高いのは、神奈川の公園50選にも選ばれた「辻堂海浜公園」です。海辺を望む広大な敷地には、起伏の美しい「芝生広場」や、楽しく交通ルールを学べる「交通公園」があり、夏になれば流れるプールやウォータースライダーもある「ジャンボプール」が登場。夏休み期間中は、連日子どもたちの歓声が響きます。

大人から子どもまで、暮らす人を魅了する海のある街。
神奈川県藤沢市の朝は、寝過ごしてしまうにはもったいないほどの魅力であふれています。

8:30

  • 7325COFFEE
  • 7325COFFEE
7325COFFEE
神奈川県藤沢市鵠沼海岸3-2-21
営業時間:9:00~17:30(土曜10:00~)
休み:月曜、日曜

9:00

  • 江の島
  • 江の島
江の島
神奈川県藤沢市江の島

10:00

  • 辻堂海浜公園
  • 辻堂海浜公園
辻堂海浜公園
神奈川県藤沢市辻堂西海岸3-2
開園時間:施設によって異なる
※ジャンボプールの開園は7月第2土曜~9月第2日曜
Daytime

海も山も、商業施設も
“暮らしバランス”の高い街

「藤沢市」と言えば、湘南の海をイメージする人が多いと思いますが、実は他のエリアも個性的です。それを教えてくれたのは、神奈川県藤沢市内北部にある老舗ベーカリー「ロワール光月堂本店」の3代目代表・齋藤伸一さんです。「縦に長い藤沢市は、南北で街の異なる雰囲気があるんですよ。観光地が近い海の街・南部に対して、北部は山や田畑が残る、昔ながらの住宅地。子どものいる家庭が本当に多くて、少子化どころか年々増えているようにも感じます」と言います。

昭和元年の創業から地域住民に愛されてきた「ロワール」の齋藤さんは、地元への恩返しとして10年ほど前から藤沢産の小麦を使った新しいパン作りを行っています。
「藤沢市は、わざわざ“行く”のではなく、とても身近な場所に“都会”も“海”も“田畑”もある街。住んでいると当たり前に感じてしまいますが、とても贅沢なことですよね。土地の恵みと文化を、おいしいパンで子どもたちに伝えたいです」と、齋藤さん。その思いは神奈川県藤沢市内全土に広がり、地元の小麦を使ったパンを作るお店も増加中で、学校給食にも採用されているそうです。
時刻はちょうどお昼の12時、神奈川県藤沢市中の子どもたちが、地元のおいしいパンを食べているところでしょうか?

神奈川県藤沢市北部で子どもたちに愛されているもう1つの場所が「湘南台文化センターこども館」です。銀色の巨大な地球儀が目印の“おもちゃ箱をひっくり返した”ような不思議な空間では、プラネタリウムをはじめ、世界の民族楽器やおもちゃなどの、触って遊べる体験型の展示が多数。1年を通して子ども向けのワークショップも開催しています。街全体で「地元の子どもを育てよう」という盛り上がりが伝わってくるようです。

異なる魅力を持つ神奈川県藤沢市の南部と北部。では、中央部はというと、現代的な生活に欠かせない“都市”としての個性があります。神奈川県藤沢市内を横断する東海道本線沿いにある「テラスモール湘南」は、太陽光発電や風力発電システムを取り入れた、エコなショッピングモール。ファッションやグルメ、ライフスタイル雑貨などさまざまなショップが集った明るい店内は、まるで藤沢の大自然の中にいるような心地よさがあります。

便利なのは当たり前。その上で、いつでも豊かな自然の恵みを享受できる神奈川県藤沢市は、生活のバランス感覚に優れた街と言えるでしょう。

12:00

  • ロワール光月堂本店
  • ロワール光月堂本店
ロワール光月堂本店
神奈川県藤沢市高倉877
営業時間:9:00~19:00
休み:無休

14:00

  • 湘南台文化センターこども館
湘南台文化センターこども館
神奈川県藤沢市湘南台1-8
開館時間:9:00~17:00(最終入館16:30)
休み:月曜(祝日の場合は翌日)、年末年始 ※夏休み期間中は無休
入場料:展示ホール 小人100円、大人300円、宇宙劇場 小人200円、大人500円

16:00

  • テラスモール湘南
  • テラスモール湘南
テラスモール湘南
神奈川県藤沢市辻堂神台1-3-1
営業時間:店舗により異なる
休み:不定休
Night

未来の暮らしに
明かりが灯る夜

1日の終わりにもう一度、湘南の海を見に行きましょう。
元気いっぱいで爽やかな朝の風景とは異なり、夕方の海岸では、がんばった体を癒してくれるやさしい波音と風景に出会えます。家路に付く人たちの表情も、みな穏やかで満ち足りているようです。神奈川県藤沢市最大の観光スポットである「新江ノ島水族館」もまもなく閉館。海の世界を楽しんだ人々が館内から出てくる風景の中に、なぜか反対に水族館へ向かう人たちの姿が……実はここ「新江ノ島水族館」では、不定期で夜限定の「お泊りナイトツアー」を行っているそうです。夜の水族館という幻想的な空間で、夜行性の海の生き物の生態をじっくり学べるこのイベント。親子限定や女性限定などさまざまなテーマで開催されています。水槽いっぱいのお魚に囲まれて過ごす夜は、どんな夢を見るのでしょうか。

夜、家族団らんの時間を迎えた街に、温かな明かりが灯ります。日本中にある幸せな1コマのようですが、実はこの中にも神奈川県藤沢市ならではの風景があります。
それが、官民一体のプロジェクト「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」。1000世帯規模を予定し、太陽光発電による新しい電気システムや次世代セキュリティーサービスなど、先進的な技術を導入してエコ&スマートな街づくりを進めているそうです。ここの住民たちをはじめ、神奈川県藤沢市内外の人たちが集まるスマートタウンのカルチャー発信地が「湘南T-SITE」。東京・代官山でも人気の「蔦屋書店」を中心に、カフェやレストランなど約40のショップが集まり、1つの大きな文化複合施設を形成しています。夜遅くまで利用できるので、仕事帰りや夕食後、子どもが寝静まった後などに、本を片手にカフェでリラックスなんて過ごし方もOK。これからの家族の時間は、もっとスマートで自由になりそうです。

海が好き、山が好き、自分の好きな環境に囲まれて、のびのびとした空間で子育てしたい!
神奈川県藤沢市は、本当に大切にしたい自分だけのライフスタイルに出会える場所です。海と山の恩恵を受けながらさらに進化を続ける神奈川県藤沢市は、これからも人々に愛され続けるでしょう。

17:00

  • 新江ノ島水族館
  • 新江ノ島水族館
新江ノ島水族館
神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
営業時間:9:00~17:00(12月~2月は10:00~、最終入館は16:00) ※時期により異なる
入館料:大人2100円
休み:無休

20:00

  • 湘南T-SITE
  • 湘南T-SITE
湘南T-SITE
神奈川県藤沢市辻堂元町6-20-1
営業時間:店舗によって異なる
休み:店舗によって異なる
Information

神奈川県藤沢市の暮らし情報

交通
JRをはじめ、小田急線や江ノ電・相鉄いずみ野線といった市電、地下鉄、横浜市営地下鉄、湘南モノレールが利用可能で、都心へのアクセスも良好。神奈川県藤沢市内の移動は路面バスも便利です。地元バス会社を神奈川県藤沢市が支援する形で、複数のコミュニティバスが運行しています。
買い物・散歩
藤沢駅周辺の大型ショッピングストアや百貨店をはじめ、神奈川県藤沢市内には「テラスモール湘南」のような大規模なショッピングモールもあります。相模湾と江の島を望む海岸沿い一体は散策スポットとしても人気で、四季を通して湘南の海の魅力を感じることができます。
医療・健康
市民の健康づくりのサポートや生活習慣病予防に関する相談など、さまざまな事業を実施中です。その取り組みの1つとして「健康づくり応援団」を結成。健康にまつわる情報やイベント、ワークショップの情報などを発信しています。
子育て・教育
平成27年度から「子ども・子育て支援新制度」が本格スタート。幼児期の学校教育・保育、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進しています。子育て支援事業に携わっている人や子育て中の人の声を聞く場として、「藤沢市子ども・子育て会議」を設置し、さらなる充実を目指しています。
コミュニティ
神奈川県藤沢市と企業、自治体が共同で行う「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」など、暮らしの向上を目指す積極的な取り組みが行われています。また、神奈川県藤沢市内に点在する公民館ではさまざまなサークル活動が行われており、地元住民たちの交流も活発です。
イベント・行事
7月に開催される「江の島天王祭」を皮切りに、9月の「藤沢市民まつり」、10月の「江の島花火大会」と、夏から秋にイベントが集中。観光地でもある「江の島」では、年間を通してイベントが開催されています。

アットホームで住みタイム 神奈川県藤沢市から新築マンション物件探し!住みタイム 神奈川県藤沢市から新築分譲マンションを検索するなら不動産検索情報サイトのアットホーム 新築マンションPLEASE。豊富な物件の中から住みたい新築マンションを、通勤時間・専有面積・間取りなど様々な条件で絞込み、簡単に比較ができるため、あなたにぴったりな物件をスピーディに見つけることができます。広々としたワンルームマンションやメゾネットタイプの分譲マンションなど人気の物件を多数取り揃えています。一戸建てでは実現不可能な眺望や中古マンションでは実現出来ない最新設備を新築マンションなら実現することが出来ます。マンションを購入し新しい生活を送るならアットホーム 新築マンションPLEASEにお任せください。