命を守るナイスの住まいづくり
ナイスの新築分譲マンション

地震に強い2つの仕組みを標準採用

私たちは、2004年10月の新潟県中越地震を契機に、「免震構造」または建築基準法の1.25倍の「強耐震構造」を標準採用としました。

「免震構造」は、免震材料を建物と基礎などの間に挟みこんだ構造で、建物には直接震動が伝わらないので、大きな揺れに対しても建物はゆったりと動きます。

「強耐震構造」は、建築基準法に定められた基準値に対して耐震強度を1.25倍にした構造で、避難所として指定された病院や学校などと同レベルの耐震強度です。

時を経ても飽きのこない上品なデザイン

オリジナルの外観デザイン「レイヤードブラウン様式」を標準採用としています。

茶系のタイルを基調とした層の重なりによって重厚感を演出し、ホテルのような車寄せや木質系内装材で仕上がったエントランスなど、上品で、時を経ても飽きのこないデザインです。

ナイスの新築分譲マンション
ナイスの新築分譲マンション

30歳までに建てられる一戸建て住宅

お客様にとって、できる限り負担のかからない住まいでありたいと考え、効率化を徹底した、お求めやすい住まいづくりを実現。その3つの特徴をご紹介します。

  • ・地震に強い
  • ・寒い冬でも暖かく過ごせる
  • ・いつまでも住み続けられる
  • ・厳しい品質チェック
  • ・第三者機関の評価基準
  • ・住宅の履歴を保存
  • ・負担の少ない価格
  • ・ランニングコストを抑える
  • ・自然エネルギーを取り入れる

パワーホームなら耐震強度1.5倍

「耐震強度1.5倍」とは、数百年に一度程度発生する地震による力の1.5倍の力に対して建物が倒壊・崩壊しない程度の強さであることを示します。

建築用接合金物と集成材を組み合わせた、精度と強度に優れたオリジナルの金物工法。また、「パワービルド」と組み合わせることで、大きな地震に対してより大きな効果を発揮する、新築木造住宅用制震装置「ジオフォルテ」も、合わせてご提案しています。

ナイスの新築分譲マンション