水道の引越し手続き

水道の引越し手続き引越し日が決まったら、さまざまな手続きが必要になります。では、水道の手続きはいつまでに行えばいいのでしょうか。 具体的にはどのような手続きが必要なのかをご紹介します。

水道の引越し手続き、いつまでにすればいい?

引越しが決まったら、水道の停止・開始手続きについて、スケジュールを確認しておきましょう。

手続きは引越しの1週間前までに行っておきましょう。遅くとも引越しの2日前までに手続きを完了させましょう。土・日・祝日は受け付けていない場合もあるので、それも考慮して行動する必要があります。

検針票か領収書に記載されている連絡先に電話をするか、水道局のホームページから手続きを行いましょう。ただし、各自治体によって手続き方法が異なります。住んでいる地域の方法に従って、手続きをしてください。

引越し前の水道使用停止の手続き

引越しで水道を止めたい場合、どのように手続きすればいいのでしょうか。水道局に手続きを行う場合には、次の情報を伝える必要があります。
主に必要な情報は、下記です。
・お客様水道番号
・契約者の氏名
・引越し前の住所
・連絡先電話番号
・引越し予定日時および水道使用停止希望日
・水道料金の清算方法
・引越し先の住所
・引越し先での水道使用開始希望日

お客様水道番号は、検針票、領収書などに記載されていますので、事前に手元に用意してから電話やインターネットで手続きをするといいでしょう。

水道料金の清算方法と支払い方法

引越し前の水道料金については、基本的に前回の検針日から引越し日までを日割り計算で請求されることになります。

支払い方法としては、当日清算できる場合もありますし、口座振替やクレジットカードでの支払い、振替用紙を引越し先へ送付してもらうこともできます。水道の使用停止連絡の際に、どの方法がいいのかを併わせて伝えておくとよいでしょう。

水道の閉栓手続きと開栓手続き

事前連絡をしておくと、引越し当日に水道局の職員が水道メーターを確認にきます。この際、当日清算することもできるようです。

また、新居での水道の開栓についての立ち会いなどは必要ありません。多くの場合、開栓された状態になっていますので、蛇口をひねれば水が出るかと思います。閉栓されている場合には、水道メーターの水止め栓を回して開きましょう。

もし、引越し前に使用開始の連絡をしていない場合は、「水道使用開始申込書」と書かれたはがきに必要事項を記入して郵送する必要があります。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ