役所や警察への引越し手続き

役所や警察への引越し手続き引越しが決まったら、各市区町村の役所や警察でさまざまな変更手続きを行う必要があります。漏れがないよう、あらかじめリストを作り、手続きが完了するたびにチェックしましょう。
今回は、引越しに伴う役所や警察での手続きについてご紹介します。

引越しの際に必要な主な手続き

●市区町村の役所で必要な変更手続き
・転居届(同一市区郡の場合のみ)
・転出届および転入届
・国民年金の届け出
・国民健康保険の異動届

●警察署・陸運事務所で必要な変更手続き
・運転免許証の住所変更
・自動車・バイクなどの住所登録

転居届と転入届の手続き

引越し先の住所によって必要になる手続きが異なります。

同一市区町村に引越しをする場合は、役所で転居届を行う必要があります。転居後14日以内に手続きを行いましょう。同一市区町村であれば、手続きは転居届のみで完了します。

他の市区町村に引越しをする場合は、引越し前の住所を管轄する役所で転出届を行う必要があります。これを行うことで、転居先の自治体に提出する転出証明書が発行されます。転出の14日前から受け付けしています。手続きには印鑑が必要になります。

また、転居後は、転居後の住所を管轄する役所に転入届を行う必要があります。この時に、転出届の際に発行してもらった転出証明書を提出します。引越し日(転入した日)から14日以内に手続きを完了させてください。

印鑑登録は、転出届と共に抹消されてしまうため、転入先で新規登録する必要があります。登録する際には、登録印を持参しましょう。

国民年金と国民健康保険の手続き

国民年金は、転居後の住所を管轄する役所で住所変更手続きを行う必要があります。転入後、14日以内に手続きします。転入届を出す際に、印鑑、年金手帳、領収書、または払い込み済み期間を証明できるものなどを持参して、同時に手続きします。

国民健康保険は、同一市区町村に引越しをする場合、住所変更手続きが必要です。

他の市区町村に引越しをする場合は、引越し前の住所を管轄する役所で国民健康保険被保険者資格喪失届を行い、保険証を返却します。そして、転居後の住所を管轄する役所で国民健康保険被保険者資格取得届を行い、保険証を発行してもらいます。

警察署で行う手続き

運転免許証の住所変更手続きは警察署で行います。引越し後、最寄りの警察署で手続きを行います。その際、免許証と引越し後の住民票(もしくは、引越し後の住所が証明できる書類)が必要です。別の県に引越しする場合には、顔写真が必要になりますので注意しましょう。

自動車やバイクなどの車両は、転居後15日以内に陸運事務所で住所変更手続きを行います。このとき、住民票や印鑑、車検証などの証明書が必要です。手続きに行く前に必ず確認しておきましょう。

その他の手続き

子どもがいる家庭では、保育園への申し込みや入園手続きのほか、公立小学校や公立中学校への転校手続きなどを行う必要があります。また、高齢者は介護保険や医療助成金などの手続きが必要になることがあります。どのような手続きが必要かは役所で確認することができます。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ