ガスの引越し手続き

ガスの引越し手続き 引越しが決まったら、水道、ガス、電気などは移転手続きが必要になってきます。なかでもガスの手続きは少々手間がかかります。引越しの際は、必ず入居者と係員の立ち会いの元で、ガスを開栓する必要があります。
そこで今回は、引越し時のガスの移転手続きをご紹介します。

ガスの引越し手続き、いつまでにすればいい?

引越しが決まったら、できるだけ早くガス会社に連絡をして、移転手続きを行いましょう。余裕を持って1~2週間前に連絡することがベストです。手続きが遅れると、引越し後、数日間ガスが使えないという状況になりかねません。また、引越しシーズンである2~4月の時期は混み合っていて希望通りの日時に予約が取れない場合があるので注意しましょう。

申し込みはガス会社のホームページからできますが、使用開始希望日の2日前までなど期限を設けている場合があります。土・日・祝日は含まず2営業日前ということもありますので、注意が必要です。ホームページ以外では、電話やFAXなどでも受付しています。

ガスの引越し手続きに必要な情報とは?

引越しの際は、現在の住まいのガスを止める作業が必要になります。引越し後も同じガス会社を使用する場合は、閉栓・開栓を同時に申し込んでおくとよいでしょう。いずれも手続きには次のような情報が必要ですので、事前に準備しておきましょう。

多くの場合、お客様番号が必要になります。毎月の検針結果のお知らせや検針票、領収書などに記載されているものです。

その他、主に必要な情報は下記です。
・ガス契約者氏名
・引越し前の住所
・引越し先の住所
・電話番号
・引越し予定日時
・ガス料金の精算方法
・使用停止・使用開始作業希望日
・立ち会い者の氏名
・引越し先でのガス料金の支払い方法

閉栓・開栓作業の立ち会いについて

ガスメーターが室内にある場合は、閉栓・開栓作業時に立ち会いが必要です。閉栓時はガス会社の係員がメーターを確認し、ガス栓を閉めます。その後、ガス料金の精算を行います。

引越し先の開栓時は、元栓を開けてもらうだけでなく、安全点検が行われます。使用するガス機器をこの時までに用意しておく必要があるので、よく覚えておきましょう。

ガス機器はそのまま取り付けても大丈夫?

引越し前の住居で使っていたガス機器を引越し先でそのまま使っていいのかどうかがはっきりと分からないと不安ですよね。

ガスファンヒーターやガステーブルなどの移動型のガス機器の場合には、引越し先のガスの種類が同じであれば、自分で取り付け、取り外しをしても問題ないといわれています。一方、給湯器や風呂釜などの据付型ガス機器の場合には、適切な設置工事が必要な場合があります。

ガス機器は、取り付け方や使用方法などに不備があると、大きな事故につながります。不明な点はガス会社に問い合わせするようにしましょう。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ