テレビや冷蔵庫など大型家電の上手な梱包方法

テレビや冷蔵庫など大型家電の上手な梱包方法 テレビや冷蔵庫、洗濯機などの大型家電製品は、どのように梱包すればいいのでしょうか。自分で引越しをする場合には、壊れないようしっかりと梱包する必要があります。
そこで、今回はテレビや冷蔵庫、洗濯機など大型家電の上手な梱包方法を紹介します。

テレビの上手な梱包方法とは?

テレビもパソコン同様にデリケートで衝撃に弱い家電製品の一つで、本体と脚の連結部が破損してしまうことが多いようです。

梱包は、テレビを購入した際に入っていた箱を利用するのがベストです。もし破棄してしまった場合には、インターネット通販でテレビ梱包セットを購入することができるので、これを利用するとよいでしょう。

梱包方法としては、まず本体と脚の連結部をエアーキャップなどでしっかりと補強します。次に、液晶画面はビニールで包み、細かいほこりが入らないようにします。その上からエアーキャップで2~3重に巻くといいでしょう。しっかりと保護した後、専用のダンボールに入れ、紐で巻けば完了です。

冷蔵庫や洗濯機の梱包方法とは?

冷蔵庫や洗濯機は、まず引越し前日までにコンセントを抜いておきます。

一般的な全自動洗濯機の水抜きの方法は、まず水道のコックを閉めた状態で洗濯機のスタートボタンを押し、ホースの中の水を抜きます。次に、給水ホースを外し、電源をオフにして、再度オンにして「脱水」のみ実行します。最後に排水ホースを外して、作業は終わりとなります。しっかりと水抜きされたことを確認してから梱包してください。

冷蔵庫は正面にすり傷がつく恐れがあるので、エアーキャップで梱包します。さらに、その上からダンボールでしっかりとガードします。背面も同様に梱包したら、今度は全体を巻きダンボールで梱包します。このとき、天井と底の部分も忘れずにくるみましょう。

もし突起物がある場合には、運ぶ際の事故を防ぐために、マジックで印を付けておくとよいです。巻きダンボールはホームセンターなどで購入できます。洗濯機についても同様にすっぽりと梱包する必要があります。コンセントやホースなどは、洗濯機の中に入れておくといいでしょう。

引越しの際の、パソコンの上手な梱包方法とは?

パソコンはデリケートな精密機械ですので、引越しの際には梱包が必要です。引越し作業中のちょっとした振動や落下などによって動作しなくなることもあるので、取扱いには細心の注意を払う必要があります。

パソコンは大きなダンボールに発泡スチロールなどの緩衝材を入れ、さらにロールタイプのエアクッションや毛布などの柔らかい布ですっぽりくるむとよいでしょう。

引越し会社に依頼する場合には、専用の梱包材を貸してくれる場合が多いですが、パソコンのトラブルは保険対象外としている会社もありますので、事前に確認しておきましょう。

もちろん、何かあったときのことを考えて、重要なデータのバックアップは忘れずにとっておきましょう。それでも不安が残る場合には、引越し会社に頼まずに自分で引越し先に持っていくことも一つの手です。

家電は決して安いものではありませんので、十分に注意を払って、しっかりと梱包するようにしましょう。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ