食器類の上手な梱包方法

食器類の上手な梱包方法引越しの準備では、荷造りを上手にできるかが重要となります。ダンボールに物を詰めていくだけの簡単な作業に思えますが、荷造りにはさまざまな注意すべきポイントがあります。特に食器類は割れやすいため、細心の注意が必要です。
そこで、今回は食器類の上手な梱包方法について、ご案内します。

梱包の基本的なポイント

まずは荷造りの基本を押さえておきましょう。ダンボールは自分が持てないような重さにしない、ガムテープでしっかりと固定する、小物がカチャカチャと音を立てるような状態にはしないことがポイントです。

また、食器類を入れたダンボールには「こわれもの」「食器」などと中身がわかるように明記しておきましょう。

面倒でもお皿は一枚ずつ包んだほうが安全

食器類はミカン箱程度の小さいダンボールに詰めましょう。ポイントはすき間なく、ぎっしり詰めることです。食器は立てて詰めると割れにくくなるといわれています。

同じ形の皿が多い場合は、すべての皿を梱包する必要はありません。一枚梱包したら、その上は梱包していない皿を重ね、その上には梱包した皿を重ねます。このように、交互に重ねれば割れることはありません。大事なのは、食器同士がむきだしの状態でぶつからないようにすることです。

皿の包み紙は新聞紙が一般的ですが、引越し会社によっては専用の包み紙を用意してくれるところもあるので、問い合わせてみましょう。

カップやグラスの上手な包み方

カップやグラスなどは、皿とは少し違う工夫をすることで割れにくくなります。カップの場合、取っ手が割れるのを防ぐために、最初に取っ手だけを梱包します。その後、全体をくるむように梱包すると取っ手が二重で梱包されるため、取れにくくなります。

割れない食器類の詰め方とは?

引越しのプロが梱包する際には、ダンボールの中にすき間をつくりません。また、ダンボールの中身は同じカテゴリのもので統一します。割れやすい食器類に関しては、クッション材を使います。小さめの箱を用意したら、底にクッション材を引きます。

クッション材とは新聞や紙を丸めたものやエアキャップのことです。これらを敷き詰めたら、皿は立ててすき間なく詰めていきます。その後、まだ箱にスペースがある場合には、間仕切りを入れます。

間仕切りとは、ダンボールやチラシ類などのことで、間仕切りを入れることで二段目ができます。間仕切りの上にまたクッション材を敷き、その上に食器を詰め、さらに上部にクッション材を詰めてふたを閉めます。これでダンボールにすき間なく食器を詰めることができます。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ