引越し荷造りの効率的な手順とコツ

引越し荷造りの効率的な手順とコツ引越しする際の荷造りは時間と手間がかかりますが、効率的に手順よく行えば、スムーズに進めることができます。上手に荷造りをして、気持ちよく引越しを行いましょう。

引越しの荷造りを始める時期

引越しの荷造りは、引越しの2週間前には始めるようにしましょう。引越し前夜には、すべての荷造りが完了している状態がベストです。翌日の引越しの為にゆっくりと休んで、体力を養っておきましょう。

荷造りが引越し当日までかかってしまい、引越し会社が来てもまだ梱包を続けているなどの状況にならないよう、できるだけ早くから準備をしておく必要があります。

効率的な荷造りの手順

まず、荷造りを始める前に新居のどこに何を運び入れるかをあらかじめ決めておくことが重要です。これを決めておくことで、当日の引越しと荷造りをスムーズ行うことができます。新居の見取り図を作成し、部屋ごとに番号をつけておき、荷物に運び入れる部屋の番号をダンボールに記入しておくと効率的です。

荷造りは、一番奥の部屋からをスタートさせることが原則だといわれています。梱包済みの荷物が増えてくると、出入口をふさいでしまったり、荷物にぶつかって転ぶなどのトラブルが発生します。奥の部屋の普段使用しないものから梱包を始めましょう。

梱包の順番としては、普段使わないもの、思い出の品、季節はずれのものを最初に梱包します。毎日使うものは当日の朝に梱包します。梱包の順番を間違えると、一度梱包したダンボールを必要なたびに開封しなければならなくなるので、気をつけましょう。

引越しの荷造りのコツ

荷造りの基本は軽いものは大きな箱に、重いものは小さな箱に入れることです。また、ダンボールに物を入れる際は、すぐには使わない物から入れていき、引越し後すぐに使うものはすぐ出せるようにしておくなどのポイントに気をつけて荷造りします。

食器類は一つずつ梱包し、皿は立てて入れると割れにくいといわれています。布団は布団袋に入れますが、たまに布団の間に壊れものなどを挟む方がいるようですが、そのようなことはやめましょう。

本などはヒモがけで済ませたいところですが、運んでいる間に結び目がほどけてしまう可能性があります。また、袋詰めも同様に中身が飛び出てしまう可能性があるので、荷物の積みかたが困難なことは避けた方が無難です。

冷蔵庫や洗濯機、ステレオの配線などはどうする?

冷蔵庫は、引越しの前日までにコンセントを抜いて霜取りと水抜きを行います。製氷皿の水も忘れずに捨てておきましょう。洗濯機も同様に、引越しの前日までに水抜きを行っておく必要があります。

ステレオやビデオなどの配線は、事前に取り外してまとめておくと当日スムーズです。配線は複雑で分からなくなることも多いので、目印をつけておくとよいでしょう。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ