引越し用ダンボールの効率的な使い方

引越し用ダンボールの効率的な使い方 引越しの荷造りに欠かせないのが引越し用ダンボールです。引越し会社にダンボールを依頼した場合、事前に用意してもらえることがあるので、事前に電話で問い合わせしてみましょう。
ダンボールが調達できたら、荷造りをはじめましょう。今回は引越し用ダンボールの効率的な使い方をご案内します。

ダンボールの組み立て方

ダンボールが調達できたら、さっそくダンボールを組み立てましょう。底になる部分にガムテープを貼り、底が抜けないようにしっかりと固定します。この際、ガムテープを十字に貼ると安心です。ガムテープで止めずに底を交互に組むことで済ませる方がいますが、底が抜けやすくなるので避けましょう。

荷物を詰めるときは、できるだけすき間ができないようにすることがポイントです。すき間ができてしまった場合は、丸めた新聞紙などを詰め、荷物同士がぶつからないようにします。

表面のふたをガムテープで固定する際は十字ではなく、一本で十分です。ダンボールにガムテープを貼りすぎると持ったときに手がすべりやすくなるので気をつけましょう。ダンボールには中身が分かるように記載しておくこともポイントです。

ダンボールの大きさに合わせて物を入れる

ダンボールには、小さいものから中くらいのもの、大きいものまで、色々なサイズがあります。ダンボールのサイズに合わせて入れるものを分け、効率的に梱包しましょう。

では、それぞれのダンボールに入れる具体的なものを見てみましょう。

・小さめのダンボール

食器や本など、重いものや壊れやすいものを入れます。

・中くらいのダンボール

小さめの家電や雑貨などのそれほど重くないものを詰めます。家電の場合、ガラス部分がむきだしのままだと割れる恐れがあります。新聞紙などで覆ってワレモノ対策を施しましょう。

・大きなダンボール

衣類や靴、本などのかさばるもの、または軽いものを入れます。入れる順番として、重い物は下側に入れ、軽い物は上側に入れましょう。また、本をぎっしり詰めると、成人男性でも持ち上げられないような重さになってしまいます。スムーズに引越しを行うためにも箱の重さは自分一人でも持ち上げられる程度に留めておきましょう。

その他の梱包方法

最近では、引越し会社がハンガーボックスと呼ばれるハンガーにかけたまま衣類を運べるダンボールを用意してくれる場合があります。クローゼットの衣類はそういったものを利用するとよいでしょう。

また、炊飯器などの家電は、ダンボールに入れる必要がない場合もあります。ダンボールに収まらないサイズのものがある場合には、どのように梱包すればよいかを引越し会社に確認してみましょう。

これらのようにダンボールの大きさを使い分けて、上手に梱包することでスムーズな引越しにするように計画を立てましょう。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ