冷蔵庫を処分する方法と費用の相場

冷蔵庫を処分する方法と費用の相場冷蔵庫を処分する場合、他の家電や家具のように粗大ごみとして回収を依頼することはできません。そこで、今回は不要になった冷蔵庫を処分する方法や処分にかかる費用の相場についてご紹介します。

引越しで不要になった冷蔵庫、どうやって処分する?

引越し時に古くなった冷蔵庫を処分して、新居では新しい冷蔵庫を使いたいという場合、古い冷蔵庫はどのように処分すればいいのでしょうか?

冷蔵庫を買い替える場合は、新しく購入する家電量販店などに回収してもらう方法があります。新しい冷蔵庫の設置の際に古い冷蔵庫の撤去を依頼するとお金がかかりますが、処分する手間はかかりません。

また、買い替え時ではない場合でも、冷蔵庫を購入した家電量販店に回収依頼をすることは可能です。※その際、リサイクル料金と収集運搬料が必要です。

冷蔵庫のリサイクル料金と収集運搬料

家電量販店などに冷蔵庫を回収依頼した際のリサイクル料金は、メーカーによって異なります。170リットル以下の冷蔵庫で3千6百円程度、171リットル以上の冷蔵庫で4千6百円程度が相場となります。

収集運搬料は、1台につき5百円程度と考えておきましょう。

冷蔵庫をリサイクルショップに買い取ってもらおう

比較的新しい冷蔵庫であれば、リサイクルショップで買い取ってもらうことも可能です。査定額は、冷蔵庫の大きさや販売時期、メーカーによって大きく変動します。

また、汚れや付属品の有無なども重要なものさしとなります。査定額は5百円程度ということもありますし、1万円以上ということもあるようです。

冷蔵庫を査定してもらう際には、汚れや霜をしっかりと落として、査定額アップを狙いましょう。取扱説明書や保証書、棚を仕切る部品やケーブルなどの付属品もしっかりと用意しておきましょう。

冷蔵庫の処分の際に気をつけたいポイント

冷蔵庫は消耗品でもあるので長年使っていると劣化が目立ち、いろいろなところに支障をきたしてきます。冷蔵庫の状態が悪い場合は、買取不可になることがあります。その場合は、処分費用が必要になることを心得ておきましょう。

また、違法な回収業者に依頼してしまわないためにも、依頼する前に「一般廃棄物収集運搬業」の許可を得ている業者かを必ず確認しましょう。

賢く冷蔵庫を処分して、新居での生活を気持ちよくスタートさせましょう。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ