リサイクル業者を上手に使おう

リサイクル業者を上手に使おう引越し時に出る不用品は捨てるのではなく、買い取ってもらえば、引越し費用の足しにすることができます。実際、リサイクルを利用するとどれくらいの臨時収入が見込めるものなのでしょうか。
リサイクルのメリットなども併せてご案内します。

荷物の量で変動する引越し料金

引越し会社に依頼する場合、荷物の量で引越し料金が変動します。荷物が増えれば増えるほど、料金が高くなる傾向にあります。そのため、引越し前に荷物の量を減らしておくことが重要であるといえます。

荷物の目安としては、一人暮らしの場合、概ねダンボール10~15箱程度です。これを超えるようであれば、もう一度荷物を見直して減らすことをおすすめします。

また、ダブルベッドやピアノなどの大型家具は特殊家具扱いとして、追加料金が発生することがありますので注意が必要です。その他、エアコンや洗濯機なども取り外し・取りつけに費用がかかる場合があります。不用なものや古くなったものは思い切って処分し、引越し先で買い替えたほうが安上がりになるケースがあります。

引越しにはリサイクル業者を上手く使いましょう

不用な家具や家電を処分する場合、自治体の粗大ごみ回収や民間の不用品回収業者に依頼する方が多いようです。その場合、回収費用が数百円~数千円程度かかります。また、冷蔵庫や洗濯機、エアコン、テレビ、パソコンは、リサイクル費用が回収費用とは別で必要になります。

家電製品やタンス、ソファー、ベッドなどの大型家具は、リサイクルショップで買い取ってもらえることがあります。査定額はそれほど期待できませんが、費用を払って処分するよりはお得な場合もあります。不用品回収を依頼する前に一度査定してもらうことをおすすめします。

リサイクルするとどれくらいの収入になる?

不用品を買い取ってもらう場合、査定額はどのくらいになるのでしょうか。例えば、製造5年以内の大型冷蔵庫であれば、概ね3千円~1万円程度で買い取ってもらえるようです。ただし、査定額は家電のメーカーや状態によって大きく変動します。不用品の状態が悪いと買い取りを拒否される場合もあります。また、いくつかの品物を合わせて買い取ってもらうことで査定額がアップすることがあるようです。

衣類の買い取りに関して、査定額は殆ど期待できません。10着で50円といったケースもあるようです。しかし、リサイクル業者に買い取ってもらうことで不用な衣類を減らすことができるため、メリットは十分にあります。

引越しと同時なら割安になることも

近年では、引越し当日に不用品の引き取りを行ってくれる引越し会社が多くなりました。引越し依頼と同時に不用品の引き取りも依頼しておけば、手間が省けます。

引越し当日に引き取ってもらうことで、当日まで冷蔵庫や洗濯機などの家電を使い続けることが可能です。また、一部の引越し会社では買い取りサービスを行っています。もし、自分の依頼する引越し会社が買い取りを行っているようであれば、一度査定を依頼することをおすすめします。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ