引越し料金・費用の基礎知識

引越し料金・費用の基礎知識引越しは、不用品の処分や新居のインテリア選び、引越し会社探しや荷造りなど、準備に時間のかかる大仕事です。

そこで、引越しをスムーズに進めるためにも、引越し料金・費用の見積もりを依頼するときのポイントをご案内します。

引越し料金は日時で決まる

自分の車やレンタカーなどを使って荷物を運ぶこともできますが、大型家具の運搬を安全に行いたいなら引越し会社に依頼することをおすすめします。

通常、引越し会社の料金は移動する距離と荷物の量、この二つに比例して高くなります。輸送にかかるコストや荷物を運ぶ手間が比例して増えるためです。荷物の量によっては人手を増やす必要もあります。

また、季節や曜日によっても差が出ます。3月から4月にかけて、進学や就職、転勤シーズンには引越しの需要が高くなるため、料金も高くなります。同じ理由から土・日・祝祭日も割高なことが多いようです。

できるだけ費用を抑えたいのであれば、シーズンオフの平日にすることをおすすめします。また、引越し会社によっては、指定された日時に依頼することで割引してもらえることがあります。

引越し料金の相場

実際にどれくらいの費用になるか、一般的に「相場」と言われる料金を見てみましょう。

・「トラックの大きさと人件費」からの引越し料金相場

引越しの車両は、2トントラック一台で2万円~かかります。荷物の量が料金に比例する部分です。作業員にかかる費用は、人数×5千円~2万円程度と考えておきましょう。

なお、上記は荷物の梱包を自分で行うプランでの一般的な金額となります。

・「部屋の広さ」からの引越し料金相場

一人暮らしで、部屋の広さが1ルーム~1DK程度であれば、上記のトラック一台でおそらく問題ないでしょう。おおむね合計5万円以内で収まると考えられます(近距離の引越しの場合)。2LDK~の引越しでは合計10万円以内で収まることもありますが、家族が多い場合や荷物が通常よりも多い場合は10万円をオーバーすることもあります。

また、距離が遠くなると割高になる傾向がありますが、全国展開をしている大手引越し会社では、荷物の「相乗り(※1)」サービスを行なっているところもありますので、これを利用すればコストを下げることが可能です。納得のいく費用で引越しができるように、見積もりをとる際には、目的に適した条件を設定したうえで、いくつかの引越し会社を選定し交渉していくことが重要です。

※1相乗りとは…同じ地域、方面への引越しをする他の人の引越し荷物を混載して運ぶことを言います。

引越し料金は、会社によってサービス内容やシステムが違うため金額に差が生じます。自分にとっての許容範囲を見定める資料として、参考程度に考えておきましょう。

本サイトの「アットホーム引越し見積もり」では、サイト上で引越し概算料金を比較したうえで、複数の引越し会社に無料一括見積もり依頼ができます。時間に追われる引越し準備の中でも、手軽に見積もりをとることが可能です。新生活のスムーズなスタートのためにも、満足のいく引越し会社を選ぶようにしましょう。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ