引越し費用を安く抑えるためのポイント

引越し費用を抑えるためのポイント引越しは手間がかかるだけではなく、費用もかかります。引越し会社に依頼すると、荷物の量や移動距離などで引越し料金が大きく変わってきます。引越し会社を利用するのであれば、できるだけ費用を抑えて、新居の準備により多くの費用をかけたいところではないでしょうか。
ここでは、どうすれば引越し料金を安く抑えられるかについてご案内します。

ポイント1 引越し荷物は自分で梱包する

荷物の梱包は、オプションの有料サービスとなり費用が追加で発生する場合がほとんどです。引越し料金を安く抑えるためには、まず荷物の梱包は自分で行いましょう。

最近では、ダンボールの無料配布や衣装ケースの無料貸し出しを行う引越し会社が一般的になりつつありますが、なかには有料の場合もありますので、事前に確認しましょう。また、ダンボールの回収も引越し会社によっては有料の場合があります。

準備から引越し後の片付けまでは自分で行い、移動距離が短い場合や車を持っている場合は、大型の家具や家電製品だけを頼むなど、引越し会社に依頼する内容を少なくすることが費用を安く抑えるコツです。

ポイント2 引越し前に捨てられるものは全て廃棄する

荷物の量が多ければ多いほど、引越しの料金は高くなります。そのため、引越し前に不用品や粗大ゴミを処分しておく必要があります。引越しの準備が遅れて、捨てられなかったということがないようきちんと予定を立てることが大切です。

なかなかモノを捨てられない人も引越しというチャンスを活かし、使わないのに捨てられなかったモノを整理することをおすすめします。

ポイント3 見積もりを比較して、自分にあったプランを選ぶ

大手の引越し会社では、様々なバリエーションのセットプランやパック商品を用意しています。「大手は高い」というイメージを持つ方が多いようですが、大手だからといって一概に引越し料金が高いわけではありません。

「単身用パック」や「家族用パック」といったセットプランがあり、家具の分解、組立、設置サービスなど、充実した付帯サービスがついているものもあります。複数の引越し会社の見積もりを集めて、サービス内容や料金を比較し、自分にあったプランを選びましょう。

ポイント4 シーズンオフを選ぶ

3~4月やゴールデンウィークなどの引越し会社が忙しくなる時期は、価格が高くなる傾向にあります。繁忙期を避けたシーズンオフの期間を選びましょう。

また、曜日や日にちに融通が利くのであれば、平日で月の中旬位を選ぶとより良いでしょう。土日に依頼が集中することが多く、また月末月初は家賃の発生や契約の区切りによって引越し依頼数が多くなるためです。

ポイント5 引越し日時は引越し会社の希望に合わせる

引越し会社の忙しいシーズンに引越しをしなくてはいけない場合でも、価格を安く抑える方法はあります。引越しの日時をこちらで指定せず、引越し会社の希望に合わせることで割安になるプランです。

引越し会社によっては、「フリープラン」といった作業時間帯を指定しないプランを用意している会社がありますので、見積もりを依頼する際に一度相談してみましょう。

引越し料金の安さだけでなく、自分の荷物の量やサービス内容を総合的に判断することが、より費用を抑えて引越しするためのポイントであると言えるでしょう。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ