引越しを友達に手伝ってもらったときの謝礼

引越しを友達に手伝ってもらったときの謝礼一人暮らしの引越しの場合、費用を抑えるために引越し会社に頼まずに自分の車や友人の車、レンタカー等を利用して荷物を運ぶ方もいます。

しかし、荷物の搬出・搬入はさすがに一人では難しいため、2~3人に引越しを手伝ってもらう必要があります。友人などに手伝ってもらう場合は、感謝の気持ちを込めて謝礼する必要があります。

今回は、どのように謝礼することが妥当なのかについてご案内します。

引越しを友達に手伝ってもらったときのお礼方法とは?

引越しを手伝ってもらった友人に対して、引越し当日に金銭的な負担をかけるのは望ましくありません。引越しの作業中に飲むドリンク代や食事代はこちらで負担することが一般的です。昼食はお弁当を購入したり、出前をとったり、近くの店に食べに行くとよいでしょう。

引越しが終わった後は、夕食をご馳走する方が多いようです。予算としては一人3千円~5千円程度と見積もっておきましょう。当日、夕食をご馳走する時間がない場合は、謝礼として適度な金額を包むとよいでしょう。

人によっては夕食をご馳走したうえで、さらに謝礼を渡すこともあるようです。手伝ってもらった人との関係性によって判断するとよいでしょう。また、友人が車を出してくれた場合はガソリン代を払ってあげましょう。

後日、引越しを手伝ってくらたお礼をする

引越し当日は、どうしても慌ただしくなってしまい、しっかりとお礼を伝えられないことがあるかと思います。その場合は、後日、改めて新居に招待し、料理をふるまうなどして、感謝の気持ちをしっかりと言葉で伝えましょう。

引越しの手伝いでもらって嬉しいものは?

謝礼を渡しても、丁重に断られるケースがあるようです。友人同士など親しい間柄の場合、現金を渡されると何だか気が引けてしまうことがあるようです。

ギフト券やビール券、図書券などは、現金よりも抵抗なく受け取ってもらえることが多いようです。また、金額が分かってしまうものは渡しづらいという場合は、ギフトの詰合せセットやスイーツなどを渡すことをおすすめします。

手伝ってもらった相手に合わせた対応が必要

謝礼は渡す相手との付き合いの深さによって変わってくるといえます。相手のことをよく考えて選ぶ必要があります。注意すべきなのは、会社の先輩など目上の方に手伝ってもらったときの謝礼です。目上の人に対して現金を渡すことは、失礼にあたる場合がありますので気を付けましょう。

また、後輩や年下の人間に食事をご馳走されることを遠慮している場合もありますので、失礼にあたらないよう気を遣う必要があります。そういった場合は、引越し後に改めてギフトセットなどを贈るとよいでしょう。

謝礼は感謝の気持ちを伝えるためのものですので、不快な思いをさせたり、必要以上に気を遣わせないよう配慮しましょう。

他の記事もチェックしてみる
  • 最短1分! サイト上ですぐわかる!引越し料金を比較する
  • 無料!まかせて安心!引越し見積もりを依頼する

このページのトップへ