athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

UR賃貸住宅とは

独立行政法人 都市再生機構が旧「都市公団」から受け継いだ賃貸住宅のことで、居住の安定に配慮しつつ、適正に管理が行われています。都市再生機構の英語略称(Urban Renaissance Agency)「UR」を冠して、「UR賃貸住宅」と呼称されています。

申込資格について

入居申込みできる方は、次のとおりです。

※住宅により申込資格が異なりますので、より詳しい情報についてはUR都市機構にお問い合わせください。

  • 1. 日本国籍のある方、またはUR都市機構が定める資格のある外国人の方で、継続して自ら居住するための住宅を必要としている方であること。
  • 2. UR都市機構が定める入居開始可能日から1か月以内に入居でき、申込本人を含めた同居世帯の全員が、団地内の方と円満な共同生活を営むことができること。
  • 3. 申込本人を含めた同居世帯の全員が、暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員ではなく、また、暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有していないことを表明し、将来にわたっても該当しないことを確約できる方であること。
  • 4. 申込本人を含めた同居世帯の全員が、UR都市機構に対して不当な要求行為をしないこと、賃貸住宅の全部または一部を暴力団の事務所等として使用しないことを確約できる方であること。
  • 5. 申込本人の毎月の平均収入額が基準月収額(家賃の4倍または33万円。ただし家賃の額が20万円を超える住宅に付いては40万円)以上である方、または貯蓄額が基準貯蓄額以上ある方

◆単身者の申込みの場合

単身者の方が申し込める住宅のうち、基準月収額が25万円を超えているものについては、単身者の方が申し込む場合に限り、基準月収額を25万円とします。

◆単身者の方が家賃20万円以上の住宅に申し込む場合

家賃が20万円を超える住宅に申し込む場合は、単身者の方でも基準月収額を40万円以上とします。

◆申込本人の収入が基準月収額に満たない場合

以下の場合は、収入を合算することができます。

A. 同居親族と合算する場合

申込本人の毎月の平均収入額が基準月収額の1/2以上あり、かつ合算額との合計額が、基準月収額以上であること。

B. 勤務先または親族から家賃補給を受ける場合

申込本人の毎月の平均収入額が基準月収額の1/2以上あり、かつ補給額との合計額が、基準月収額以上であること。

C. 申込本人が満60歳以上の高齢者、障がい者、配偶者のいない世帯または満18歳以上の学生に該当する場合

申込本人の毎月の平均収入額が基準月収額の1/2に満たない場合でも、以下に記載の「所得の特例について」の条件を満たせば申込むことができます。

  • 6. 現に同居し、又は同居しようとする親族があること。ただし、一部の住宅形式には単身者の方もお申し込みいただけます。なお、妊娠している単身者の方は、どの住宅形式にもお申し込みいただけます。(基準月収額が25万円を超える場合は、単身者の方が申し込む場合と同様に25万円とします。)

このページの一番上へ