athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

STEP 2.購入予算を考える

購入後にかかる費用を想定しておこう

憧れの持ち家……ステキな暮らしを夢見て、しっかり物件を探したいところですが、お金のことを考えるときには、購入後にかかる費用のことも頭に置いておきましょう。

持ち家にかかる固定資産税・都市計画税

賃貸暮らしでは不要ですが、家や土地などの不動産を所有すると、固定資産税・都市計画税を支払う必要が出てきます。どちらも市町村税で、毎年1月1日時点の所有者が納税することになっています。

4月~5月頃に納税通知書が送られてきますので、一括納税しても構いませんし、4回に分納することも可能です。税額は市町村が物件ごとに定める固定資産税評価額に一定の税率を掛けて算出されます。

固定資産税評価額は、「土地」と「建物」に分けて定められるもので、原則として3年ごとに見直されます。建物については、経年に応じた減価を考慮して評価額が算出されることになっています。

マンション特有の費用 管理費と修繕積立金

一戸建てにはない、分譲マンション特有の費用として、管理費と修繕積立金があります。管理費は、物件の規模や管理形態によって異なりますが、保険料、廊下やエレベーターなど共用部分の清掃・点検に使われる他、サービス関連の運営費用、管理業務を委託している管理会社への報酬などとして使われます。

マンションの規模とも関係しますが、豪華な設備や、きめ細やかなサービスがあるマンションほど高くなる傾向があります。高級感のあるラウンジやキッズルームなどの維持管理、管理人・警備員の常駐、コンシェルジュサービスなどの委託運営には、やはりそれなりのコストがかかるので、設備やサービスが充実している物件や、費用を負担する戸数が少ないマンションでは、管理費が高めになります。

修繕積立金は、マンションのメンテナンスとして行われる「大規模修繕工事」の資金として積み立てられるものです。大規模修繕工事については、マンションごとに「長期修繕計画」が立てられており、それに沿って計画的に行われます。

もしも、駐車場の契約台数が設置台数より大幅に少なくなったりすると、管理組合の収入が減り、大規模修繕工事費用が不足することがあります。不足がかさむと、修繕の直前になって高額の一時金を徴収されることもあります。

その他の費用も把握しておこう

その他の費用として考えておくべきものに、メンテナンス費用があります。一戸建てなら、屋根の修理や外壁塗装、水回りや内装の補修など、住まいのメンテナンスはすべて自己負担になります。特に雨風を受ける屋根や外壁は一定の年数ごとに補修を行わないと、建物の躯体そのものがダメージを受けることもあるので、しっかりケアする必要があります。

こうしたメンテナンスを行うときには、リフォーム工事を考えることになりますが、リフォーム工事にも住宅ローンが使えます。住宅購入時に利用した住宅ローンの返済中であっても、リフォーム工事のために借り入れできる場合がありますから、各金融機関の住宅ローンセンターなどで相談してみるといいでしょう。

マンションの場合は個人が所有する「専有部分」のリフォームになりますが、給湯設備や床暖房のメンテナンスなどは意外に費用がかかりますし、マンション管理規約に定められたルールやマンション特有の条件があるので、そのことも頭に入れておきましょう。

また、車を利用する人では、駐車場代も計算に入れておくとよいでしょう。マンションでは、一定の使用料を徴収して、駐車場のメンテナンス費用や修繕積立金に充てることが普通です。
「STEP 2. 購入予算を考える」に関するその他の記事

このページの一番上へ