athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

STEP 4.不動産会社を知る

中古マンション・中古一戸建てを買う場合

マンションでも一戸建てでも、市場にはたくさんの中古物件が出ています。それら中古物件は、どのように売られているのでしょうか? 不動産会社の関わりから見ていきましょう。

中古物件での不動産会社の役割

中古マンションや中古一戸建ては、たいていの場合それまで住んでいた人や相続した人、つまり個人が「売主」です。個人が自分で買主を探したり、売買契約を結んだりすることは難しいので、間に入って買い手を探したり契約手続きをしてくれたりする存在が必要になります。その役目をするのが不動産会社で、その行為を「仲介(媒介)」といいます。

不動産会社は売りたい人と買いたい人とを結びつけるため、販売価格を決めるための物件査定、その他売買条件の確定、物件の宣伝・紹介から売買契約までを行います。そして、成約した時には、成功報酬として仲介手数料を得るわけです。

この他、不動産会社が売主から物件を買い取って、販売するケースもあります。多くの場合には、リフォームしたり建て替えたりすることで、物件の価値を高めて販売しています。マンションでは「リノベーション」といって、躯体以外は室内を全面的につくり変え、中古でありながら新築と遜色ない住戸として販売する手法もあり、人気を集めています。

売買仲介が得意な不動産会社を見つける

不動産関係の業務はとても幅が広く、不動産会社にはそれぞれ得意な分野があります。マンションや一戸建てを建てて売るのが得意な会社や、賃貸物件の仲介・管理を得意とする会社、そして中古売買物件の仲介を得意とする会社など、企業によって業務の範囲がかなり違います。

中古物件を探すなら、やはり売買仲介を主業務にしている会社を選ぶのがおすすめです。主業務にしているということは、仲介依頼件数が多い、つまり多くの物件情報を持っているということになります。

アットホームサイトでは、「アットホーム加盟店を探す」ページにて、全国の不動産会社を探すことができます。各不動産会社の紹介ページから、取り扱っている物件を一覧で見ることができるので、不動産会社と物件を同時に探せます。

会社によって違う得意エリア

それぞれの会社が得意とするエリアについても、意識しておきましょう。名前がよく知られている大手不動産会社の場合には、広いエリアをカバーしていますし、地域に密着している小規模の不動産会社は、地元の情報に特に強い場合があります。

また電鉄系の不動産会社では、その鉄道の路線沿いについては、他よりも細やかな情報網を持っている傾向があります。

ある程度広い範囲を考えているなら大手、住みたい地域が決まっているなら地域密着型、利用したい路線が決まっているなら電鉄系、というように、ニーズに合わせて選ぶのもいいでしょう。

新築物件であれば、あらかじめ開発情報などをキャッチできることもありますが、中古物件はいつ市場に出るかわかりません。不動産会社に連絡を取っておくと、その時に希望通りの物件がなくても、条件に合う物件が出た時には、いち早く連絡をもらうこともできます。
「STEP 4.不動産会社を知る」に関するその他の記事

このページの一番上へ