athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

STEP 5.不動産会社・現地に行く

不動産会社へ行ってみよう

不動産会社って、どんな所なのでしょう? 不動産会社の人は物件のプロなので、いい住まいを探したいなら、気軽に訪問して相談してみましょう。

事前準備と予約でスムーズに

駅前などでよく見かける不動産会社の店舗。たいてい図面がたくさん貼ってあって、店内にカウンターがあって……という感じでしょうか。

人生の中で、そんなに利用する機会が多い場所ではありませんから、物件探しで相談してみたいけど、どんなふうに話せばいいのかわからない、という人も多いようです。

実際に訪れてみると、親身に相談に乗ってくれますので、部屋を探している人は積極的に利用してみてください。

訪問前にいくつかの準備をしておくと、よりスムーズにやり取りすることができます。

準備の一つとして大切なのが、希望条件を整理しておくこと。単に「安い物件」「広めの部屋」「便利な場所」などといった希望では、不動産会社の人も具体的にどういう物件を紹介すればいいのか、困ってしまいます。

物件に対する希望の他、いつまでに入居したいのか、目当ての物件がなかった場合は、似たような物件を紹介してもらいたいのか、なども的確に伝えられるよう整理しておいてください。

また訪問前には、できるだけ予約をしておきましょう。その際に希望条件を伝えておくと、内見の準備などを整えておいてくれることもあります。
反対に突然の訪問では、お店が混んでいる場合、応対してもらうまでに時間がかかることがあります。

具体的なやり取りの仕方

不動産会社でのやり取りの中で一番大切なのは、自分の希望を正確に伝えることです。具体的な条件を漏れがないようしっかり伝えるために、メモを利用しましょう。

希望通りの物件が見つかったら、すぐに見に行かれる場合もありますが、無理なら内見の予約を取ります。このとき、あまり先の日程にしてしまうと、他の人が契約してしまう可能性が高くなるので、なるべく近い日取りを選ぶのがおすすめです。

反対に、希望通りの物件が見つからなかった場合には、なぜ見つからないのか聞いてみましょう。

「たまたま時期的にそういった空き物件がないだけ」か、「希望条件が厳しすぎて、すべてを満たす物件はもともとあまりない」か、どちらかですが、もし前者なら、条件に合う物件が出たら連絡してくれるよう伝えておくとよいでしょう。

後者の場合には、希望条件を修正する必要があります。希望条件を考えるときにしたように、「絶対譲れない条件」「できれば欲しい条件」「妥協できる条件」の三つに分類して伝えると、それに沿って改めて探してもらえます。

頼りになる営業マンとは?

物件探しで頼りにする不動産会社の営業マンですから、やはり信頼できる人を選びたいところですね。
店頭でやり取りする中で、見極めることが可能です。

ポイントはいくつかありますが、その一つが「デメリットも隠さずに話してくれるかどうか」ということ。

また、あちこちに連絡を取って、条件に合う物件をたくさん出してくれるなど、熱意があるといいですね。

不動産会社の営業マンは、地元の街をよく知っていますから、仲良くなれたら安くて品ぞろえのいいスーパーや、評判のいい病院など、ためになる地域情報をおしえてもらえることもあります。
「STEP 5. 不動産会社・現地に行く」に関するその他の記事

このページの一番上へ