athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

不動産ハウ・ツー


住まいを借りる 住まいを貸す 住まいを買う 住まいを売却する

賃貸住宅経営を始めるには?

第2章
賃貸住宅経営を始めるには?

  • 1.物件概要を確認する
  • 2.現地・登記記録を確認する
  • 3.空地・農地・駐車場等を活用して賃貸住宅を建設する

賃貸住宅経営を始めるには?

物件概要を確認する

既存物件について「空室が多くて困っている」「安心できる入居者に貸したい」「家賃滞納や不良テナントに備えたい」といった場合は、不動産会社に管理を委託したほうが良いでしょう。

依頼を受けた不動産会社は、所在地、物件の規模・種類・構造・築年数・間取タイプ、駐車場、希望賃料、希望入居者層などを調査。最適な条件のもとに、賃貸住宅経営が運営できるように手助けしてくれます。

また、管理を委託する不動産会社を選ぶ際は、国土交通省告示による任意の賃貸住宅管理業者登録制度の登録を受けている業者であるかを事前に確認してみるのも良いでしょう。登録を受けている業者であれば、一定のルールに沿った管理(管理委託契約前の重要事項説明や受領家賃の財産の分別管理等)を行っていますので、安全・安心な管理が期待できます。登録を受けているかどうかは、国土交通省のホームページで確認できます。

現地・登記記録を確認する

不動産会社は現地に行き、物件の内・外部、付属施設、周辺の公共施設や環境、交通機関、そして周辺の類似物件の賃料などを調査します。調査結果から、間取や設備、外装などのリフォーム提案や、賃料改定のアドバイスなどを行います。

また、登記事項証明書等で所有権以外の権利関係の有無を確認します。

空地・農地・駐車場等を活用して賃貸住宅を建設する

空地や農地、駐車場など、資産の有効活用として賃貸住宅を建設したほうが有利と判断できる場合があります。

こうした場合、不動産会社にコンサルティングを依頼します。不動産会社は土地所有者の意向の確認、対象地を調査。法制面の規制や収支予測、将来の経済環境の変化に対する配慮などを行い、具体的な事業計画案を作成します。

この計画内容について合意が成立したら「基本協定」を締結します。これは、共同事業がそれに基づいて成り立つような根本についての事柄を協議、決定し、その決めた事柄を文書化して、お互いに調印することです。

事業実施に当たっては、敷地の測量や地質調査など、専門会社に調査を依頼する事項が発生するので、あらかじめ業務委託契約を締結し、調査に要する費用負担や支払時期などの諸条件を決めておくと良いでしょう。



このページの一番上へ