athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

住まいの検索ヒント集

マイホーム、理想の広さはどのくらい?

広々としたゆとりある家に住みたい! と願わない人はいないでしょう。しかし、いざ購入となると資金的な問題もあって、広さだけを追求するわけにはいかなくなります。実際、必要以上に広い家は掃除や管理が大変で、快適とは言い切れません。資金の多寡にかかわらず、まずは自分が無理なく生活するには、最低限どのくらいの広さが必要かを考えてみましょう。
一般的に不動産広告などでは家族構成によって、提案される部屋の面積や間取りが異なっていますが、マンションの場合、最近は以下のように大まかに分類されているようです。
○単身者向け
1K(20m2前後~)や1DK(30m2前後)。
○小ファミリー(夫婦のみ、子供なし)向け
1LDK/2DK(40m2前後)
○中ファミリー(夫婦+子供1人)向け
2LDK/3LDK(60m2前後)
○大ファミリー(夫婦+子供2人以上)向け
3LDK(70m2前後)~4LDK(90m2前後)      
しかし、これらはあくまでも、目安です。60m2の部屋が必ず2LDKとして使われているかというと、そうではなく、60m2で4DKの場合も、1LDKの場合もあります。つまりリビングは狭くても寝室を個室で確保したい人もいれば、リビング兼寝室でもいいのでとにかく1つの空間を広く使いたい人もいるということ。結局、理想の広さのマイホームとは、一番大事にしたい空間を十分確保できている家、ということになるのではないでしょうか。


このページの一番上へ