athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

住まいの検索ヒント集

定期借地権付き物件のメリット、デメリット

最近都心部ではマンション、一戸建てに関わらず、定期借地権付きの物件が多くみられるようになってきました。定期借地権とは契約期間(通常50年間)が終了したときに建物を撤去し、更地の状態に戻して返還しなくてはならないという条件が付いた借地権のこと。契約上、期間の延長は認められず、立ち退き料の請求もできません。
定期借地権付き物件のメリットとしては、所有権の物件に比べて価格が安いことが挙げられます。通常の場合、同じ価格でより広い物件の購入が可能となるので、余剰資金をほかのさまざまな生活上のニーズに回し、余裕のある生活を送ることができます。
現在の激しい社会環境の変化から考えて、多くの人が50年以上、同じ場所に住んでいるとは考えにくいもの。したがって、とりあえず一定期間住める場所を低コストで確保できるのは大きな魅力と言えるでしょう。
反対にデメリットとしては以下の点が挙げられます。
1.50年後には土地を更地で戻さねばならないため、相続が難しい場合が多い
(更地に戻す費用が必要な上、資産価値が低い)
2.担保価値が低いので住宅ローンを組むことや借り換えが難しい
3.高齢期になってから住戸を失う可能性がある
定期借地権付き物件を検討する際には、目先の価格だけにとらわれず、自分自身のライフプランをよく把握しておくことが大切です。


このページの一番上へ