athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

住まいの検索ヒント集

一戸建てで注意したい「道路付け」とは?

「道路付け」とは、敷地と前面道路との関係を示したもので、接道条件ともいいます。敷地から見て道路が接している方向と幅員を併せて表記するのが普通です(例:「北4m」など)。
一戸建ての場合は道路付けによって建築できる建物の面積や建物の条件(南入りや北入りなど)が決まるので、土地選びの際には必ず確認しましょう。
道路が土地の二方面に接しているのを「二方道路」、三方面に接しているのを「三方道路」といいますが、道路に多く接している敷地のほうが価値は高くなります。また接している道路の幅員が広いほど敷地の価値は高くなり、向きとしては「南、東、西、北」の順に評価が高くなっています。加えて建築条件(建ぺい率など)が緩和される角地の評価も高くなります。
道路付けで注意しなければならないのは、そもそも建物は2m以上の間口がないと建てられないこと、あるいは前面道路の幅員が4m未満だと建物を建てるときに道路からセットバックしなければならないこと、などの規制があることです。
このように一戸建てを建てるときには、道路付けが非常に重要な要素となります。事前に現場を見に行くなどして、慎重に確認しておくことが必要です。


このページの一番上へ