athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

住まいの検索ヒント集

もはや常識!? 一戸建ての防犯対策

一般的に一戸建てはマンションよりも防犯性に劣るといわれてきました。確かにマンションのようにオートロックがあるわけでもなく、侵入者に目を光らせる管理人や警備員もいません。一戸建ての場合、防犯はあくまでも自ら努力して取り組まねばならない問題なのです。
 最近では一戸建て住宅でも防犯機能の高い設備や仕様が充実している物件が増えてきました。代表的な例が防犯ガラスの採用。空き巣は窓ガラスを割って侵入する場合が多いため、2枚のガラスで特殊素材を挟んだ、割れにくい「合わせガラス」を標準装備している物件も珍しくありません。またピッキング対策として特殊なキーシステムを導入する例もよくみられます。また、家の周囲を見通しの悪い壁ではなく、植栽に変えることで侵入者の存在が外から見えやすいよう工夫された物件も見受けられます。さらに一般家庭でも自主的にホームセキュリティに加入して玄関に開閉センサーや防犯カメラを設置したり、異常を感じたときに通報できるシステムを導入するケースが増え、ホームセキュリティ会社のステッカーを住宅街でみかけることが多くなりました。
 こういった個別の取り組みとともに注目されているのが街ぐるみの防犯対策です。住民がボランティアで自警団を作って町内を巡回したり、通学時に子供の見守りをするなど住民の自助努力で街全体の防犯性を上げようという試みが各地で始まっています。


このページの一番上へ