athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

住まいの検索ヒント集

一戸建て、修繕は計画的に!

一般的にマンションでは、まず新築購入時に修繕積立一時金を積み立て、その後も毎月「修繕積立金」をマンションの管理組合に支払います。管理組合は修繕積立金を使っておおむね10年ごとに、大規模修繕(外壁補修など)を行っていきます。修繕積立金の額は、通常、不動産管理のプロが作る「長期修繕計画」に基づいて決められているため、マンションでは計画的な積み立て、計画的な修繕を比較的スムーズに行うことができるのです。
これに対して一戸建ての場合は、所有者自らが修繕計画に取り組む必要があります。しかし、一戸建ては建物そのものにそれぞれ特徴があるので、マンションのように10年ごとに大規模修繕、などという計画を立てづらい面があるのです。しかも一般のマンション(鉄筋)の耐用年数が30~50年くらいと言われているのに対し、木造一戸建ての場合は20~30年が目安。一戸建てを良好な状態に保つには、よりこまめな修繕が必要なのです。
一般的には、一戸建ての場合、ほぼ10年ごとに屋根と外壁の修繕が必要だと言われています。費用は建物の規模や形状によりますが、100万円以上かかる場合もあります。その費用は当然、自分一人で負担しなければいけないので、一度に多額の出費が必要になります。いざというときに困らないためにも、自分なりに修繕計画をたて、常日頃から資金的な準備をしておくことが肝心です。


このページの一番上へ