athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

住まいの検索ヒント集

リフォームしやすい間取りとは

マンションや建売住宅の間取りを選ぶとき、基準にするのはあくまでも現在のライフスタイルです。しかし最適な間取りはライフステージに応じて変わってくるもの。
たとえば夫婦+子供2人の家族なら、子供部屋が2室+主寝室という間取りが理想的ですが、将来、子供が巣立ち、夫婦二人住まいになった場合、子供部屋は不要に。むしろ子供部屋のスペースを生かしてリビングやダイニングを拡大した間取りにリフォームしたほうが快適かもしれません。
一般的にリフォームしやすい間取りと言われるのは、マンションではいわゆるセンターインのタイプ。住戸の中央部分に玄関があり、居室部分とリビング・ダイニング部分が分かれている間取りです。このタイプはキッチンやバスルームなど水回りが玄関側に集中していることが多いので、水回りを動かすことなく、居室との壁を取り払ってリビングを広くするリフォーム工事が可能です。ただし、一戸建てと違い共同住宅であるマンションには、管理規約上さまざまな制約があり、思い通りのリフォームが必ずしも可能ではない場合がありますので、事前に管理規約をチェックしておくことをお勧めします。
また、一戸建ての場合はリフォームの一環として部屋を増築することが可能です。将来、増築する可能性がある場合は、増築後の間取りをイメージした上で購入時の間取りを決めるとよいでしょう。


このページの一番上へ