athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

住まいの検索ヒント集

生活動線で間取りを考える

 マンションや建売住宅を買う際、どの間取りの物件を選ぶのかは非常に悩ましい問題です。そんなとき、ぜひ試してほしいのが、「生活動線」のチェックです。
私たちは家の中で「食事をする」「入浴する」などさまざまな動きをしていますが、これらを線でつないだものが「生活動線」。一般的に暮らしやすいと感じる間取りでは、生活動線が短いと言われています。逆に、生活動線が長くなる間取りは、効率が悪く、ライフスタイルに合っていない間取りと言えるでしょう。
マンションや平屋など、平坦な住居では屋内での移動が比較的楽ですが、2階建て以上の一戸建ての場合、生活動線の長さは見逃せない問題です。たとえば洗濯。洗濯機があるのは1階の洗面所、干すのは2階のベランダ、取り込んだ洗濯物を収納するクローゼットが1階だとすると、生活動線はグンと長くなります。時間のない人にはあまり向いていない間取りだと言えますね。
また自分だけでなく、家族の生活動線も必ずチェック! 忙しい朝、トイレや洗面所が込み合うことがありますが、これは家族同士の動線がぶつかってしまっている証拠です。家族が多い場合、トイレや洗面所は複数あるほうが、暮らしやすいと言えるでしょう。モデルルームの見学や物件の内覧時には、実際の生活シーンを思い浮かべ、生活動線をたどってみることをお勧めします。


このページの一番上へ