athome
アットホーム加盟・利用不動産店数 - -現在

はじめての方へ

不動産情報サイト アットホーム

住まいの検索ヒント集

「諸費用」って何? 準備しておくべき金額の目安は?

 例えば3000万円の不動産を買うとき、必要な資金は3000万円のみでしょうか?
答えはNO! 実際の不動産購入代金や建築費用以外に別途さまざまな費用が発生します。これらの費用はまとめて「諸費用」と呼ばれています。
諸費用の用途は大きく分けて次の4つ。
1.「税金」…不動産取得時にかかる印紙税や、登録免許税。
入居後に発生する固定資産税や不動産取得税など
2.「保険」…火災保険や地震保険料、住宅ローン契約時に加入する団体信用保険など
3.「ローン」…連帯保証人の代わりに必要な保証料、融資手数料など
4.「手数料」…不動産を購入時に不動産会社の仲介を受けた場合の仲介手数料や不動産登記を司法書士に依頼した場合の登記手数料など
支出の性質上、キャッシュで準備しなければならないものが多いので要注意です。
 必要となる諸費用の目安は物件の種別や所在地によってケース・バイ・ケースですが、一般的に新築の場合は物件購入価格の約3~5%、中古物件や土地購入+住宅建築の場合は約5~10%が必要だと言われています。つまり例えば3000万円の新築住宅を買うときには概ね90万円~150万円を別途準備しておく必要があるということです。土壇場になって困らないためにも、資金計画には必ず「諸費用」の計上をお忘れなく!


このページの一番上へ